おやしお (潜水艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Anchor and screw of the SS511 Oyashio.jpg
錨及びスクリュー
幸田町郷土資料館(愛知県幸田町
艦歴
建造者 川崎重工業 神戸工場
運用者 Flag of Japan.svg海上自衛隊
計画 昭和31年度計画
発注 1956年
起工 1957年12月25日
進水 1959年5月25日
竣工
就役 1960年6月30日
退役
除籍 1976年9月30日
除籍後
その後 1977年3月、古沢鋼材で解体
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 通常動力型潜水艦
艦級 同型艦は無し
排水量 基準 1,150t
満載 1,424t
全長 78.8m
全幅 7.0m
深さ
高さ {{{高さ}}}
吃水 4.66m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
* 川崎/MAN V8V22/30mMALディーゼルエンジン × 2基
* 富士電機 SG-1発電機 × 1基
* 東芝 SM-1電動機 × 1基
* 湯浅 SCA-45蓄電池 × 480個
* スクリュープロペラ×2軸
機関出力 水上 2,700PS
水中 5,900PS
速力 水上 19kt
水中 13kt
燃料
航続距離
潜航限界深度 150m程度
乗員 65名
搭載量
兵装 * 55式533mm魚雷発射管 × 4門
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I {{{C4I}}}
レーダー US-SS-2水上
ソナー * 試製56式B探信儀1型
* 試製56式B聴音機1型
探索装置・
その他装置
* 56式1型10m潜望鏡
* 56式2型10m潜望鏡
電子戦
対抗手段
AN/BLR-1 ESM
愛称
モットー
その他 * 米軍式シュノーケル
* 自動懸垂装置

おやしお英語: JDS Oyashio, SS-511) は、海上自衛隊通常動力型潜水艦。戦後初の国産潜水艦で、同型艦はない。

艦歴[編集]

「おやしお」は、昭和31年度計画潜水艦8001号艦として、川崎重工神戸工場で1957年12月25日に起工し、1959年5月25日進水、1960年6月30日に竣工した後に呉地方隊に配属された。

艦型は伊二〇一型潜水艦を参考にしているが、船体構造は内肋骨式の伊二〇一とは異なり、船底部のみを単殻式としたサドル・タンク式の半複殻型であり、耐圧船体にはSM52高張力鋼が使用され溶接により建造された。動力はディーゼル・エレクトリック方式、戦後の国産潜水艦で唯一の木甲板である。

1962年8月1日に呉地方隊第1潜水隊に配属、1963年3月31日に自衛艦隊第1潜水隊に配属、同年にハワイアメリカ海軍潜水艦基地で6週間の訓練に従事する。1965年2月1日は「くろしお」と共に第1潜水隊群第2潜水隊に所属、1975年3月31日に第1潜水隊群直轄艦となる。

1975年3月31日、安芸灘で濃霧のため貨物船呉周丸(1,573トン)と接触事故を起こす。

1976年9月30日に除籍された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)