わかば (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

わかばローマ字JS Wakaba, DE-261)とは、1956年から1971年に就役していた海上自衛隊護衛艦である。その前身は日本海軍橘型(改丁型)駆逐艦「梨(なし)」であり、数奇な艦歴で知られる。

同型艦はなく、ネームシップの“わかば”のみである。

  • 本項目では日本海軍駆逐艦「梨」と併せて記述する。

駆逐艦 梨[編集]

Insert image here.svg
艦歴
建造者 川崎重工業 神戸艦船工場
運用者  大日本帝国海軍
計画 1942年戦時建造補充(改マル5計画)追加計画
起工 1944年9月1日
進水 1945年1月17日
竣工 1945年3月15日
就役 1945年3月15日
退役 1945年7月28日沈没
その後 1956年5月31日改装の後海上自衛隊警備艦として再就役
除籍 1945年9月15日
除籍後 1954年9月21日浮揚
主要諸元
艦種 一等駆逐艦
艦級 橘型(改丁型)駆逐艦(基本計画番号F55B)
排水量 基準 1,350トン
公試 1,580トン
全長 100,0m
全幅 9.35m
吃水 3.40m
機関 蒸気タービン方式、2軸推進
艦本式三号丙型蒸気タービン × 2基
艦本式三号乙ロ号 × 2基
機関出力 19,000PS
速力 最大速 27.8ノット
燃料 370t
航続距離 18ktで3,500海里
乗員 211名
兵装 八九式 12.7cm(40口径)高角砲単装1基&連装1基
九六式 25mm機銃 3連装 4基、単装 12基
九三式 61cm4連装魚雷発射管 1基4門(予備魚雷なし)
二式爆雷 36発
回天 1基
テンプレートを表示

艦歴[編集]

駆逐艦「梨」は橘型の10番艦(仮称4810号艦)として、川崎重工業神戸艦船工場1944年9月1日に起工、1945年1月17日進水、同年3月15日に竣工した。艦長は2月20日から艤装員長に就任していた高田敏夫少佐である。

1945年3月15日をもって第十一水雷戦隊に配属され、山口県柳井市東方及び南方の瀬戸内海において訓練に従事した。燃料事情が悪化しているため、訓練航海は月に数回しか行われず、それも殆どは呉より日帰りの短期のものであった[1]。同年3月に発動された天一号作戦への参加が予定されていたものの中止され、同年4月初頭には柳井市南方の八島(やしま)泊地に移動し、主に停泊訓練を行った。同年5月21日には駆逐艦「」と共に第31戦隊第52駆逐隊に編入され、同日に発足した「海上挺進部隊」の所属艦となる。

1945年7月初頭には呉にて改装工事を受け、「回天」の搭載・運用能力が追加されている[1]。以後「回天」基地の所在する山口県平生(ひらお)に移動し、同年7月中は周防灘での回天の各種訓練に従事した。折からの燃料不足により第52駆逐隊には充分な燃料の割り当てがなく、「梨」と「萩」以外の艦は海岸近くに偽装した上で係留されていた[1]。同年7月26日には瀬戸内海西部の山口県平郡島(へいぐん-とう)沖に移動、第52駆逐隊の他の駆逐艦と合流し、4隻合同訓練を行った。

7月28日、平郡島北岸沖において停泊中、アメリカ空母機動部隊艦載機の空襲を受ける。早朝から午後にかけてグラマンF6F戦闘機による複数回の攻撃を受け、艦の各所にロケット弾を被弾[2]、このうち午後の艦後部弾薬庫へ命中した1発により大きな損傷を受け、浸水により傾斜が増大、総員退艦が発令された後、午後2時に転覆沈没した[1]。確認された戦死者は38名[1]、行方不明者を含む犠牲者は60名以上であった。生存者155名は僚艦「萩」と地元漁民に救助され、「萩」にて翌日に呉に帰還した。

1945年9月15日除籍。

尚、平郡島では毎年7月に慰霊祭が行われている。1987年(昭和62年)10月25日には「梨」の沈没地点を望む海岸に慰霊碑が建立され、除幕式が行われた[1]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』370-371頁による。

艤装員長
  1. 高田敏夫 少佐:1945年2月20日 -
駆逐艦長
  1. 高田敏夫 少佐:1945年3月15日 -

諸元[編集]

  • 基準排水量 1,350t
  • 武装

年表[編集]


護衛艦 DE-261 わかば[編集]

JS Wakaba (DE-261).jpg
艦歴
建造者 川崎重工業 神戸艦船工場
呉造船所(修復工事)
運用者  海上自衛隊
進水 1954年9月21日(浮揚作業完了年月日)
竣工 1955年9月10日(修復工事開始年月日)
就役 1956年5月31日
1958年3月26日(再就役年月日)
除籍 1971年3月31日
除籍後 1975年5月、古沢鋼材に売却
主要諸元
艦種 警備艦
艦級 わかば型警備艦
排水量 基準 1,250トン
満載 1,560トン
全長 100,0m
全幅 9.35m
吃水 3.28m
機関 蒸気タービン方式、2軸推進
艦本式三号丙型蒸気タービン × 2基
艦本式三号乙ロ号 × 2基
機関出力 15,000PS
速力 最大速 25.5ノット
燃料 395t
航続距離 16ktで4,680海里
乗員 175名
兵装 68式50口径3インチ連装砲(2次) × 1基
54式対潜弾発射機(2次) × 1基
54式爆雷投射機(2次) × 4基
54式爆雷投下軌条(2次) × 2条
65式533mm連装魚雷発射管(5次) × 1基
C4I Mk.63 砲射撃指揮装置 (2次)
レーダー AN/SPS-12対空(2次)
Mk.34射撃(2次)
US SO水上(2次)
SPS-5B水上(2次)
AN/SPS-8Bロシア語版高角測定(3次新設、6次撤去)
ソナー SQS-11A捜索(3次)
SQR-4/SQA-4攻撃(3次)
T-3国産試作ソナー(4次)
テンプレートを表示
わかばに搭載されたAN/SPS-8高角測定レーダー
(写真はアメリカ海軍巡洋艦「プロビデンス」に装備されたもの)

「梨」は沈没後放置されていたが、1954年9月21日に廃鉄鋼材(スクラップ)としての利用を目的に浮揚された。10年近く海中にあったものの、調査の結果状態は良好であったため、防衛庁(当時)では引き揚げた業者より購入して再就役させる計画を立て、修理改装の後、1956年5月31日、警備艦「わかば」として海上自衛隊に編入、1958年には改めて兵装を装備した上で乙型警備艦「DE-261 わかば」として再就役した。

このため、「梨」(「わかば」)は海上自衛隊に在籍した唯一の日本海軍の戦闘艦艇である[3]。なお、艦名が変更されたのは、梨(なし)をひらがなで表記した際の誤解[4]を避けるものとされている。

「わかば」の名を受け継いだ日本の艦艇としては、神風型駆逐艦 (初代)「若葉」、初春型駆逐艦若葉」に次いで3代目となる。

艦歴[編集]

「わかば」は浮揚した「梨」の船体の損傷部を修理し、艦橋をあけぼの(初代)型に準じたものとして新造している。尚、「梨」時代の兵装は全て撤去された。

主に横須賀に配備され、当初は無兵装で練習艦任務に就いたが、その後、他の海上自衛隊警備艦と同様のアメリカ式武装と電子兵装を搭載する再改装が施されて乙型警備艦(DE)として再就役した。後には実験艦としての役割が与えられ、海自艦艇で唯一AN/SPS-8Bロシア語版高角測定レーダーを装備するなど、いわゆるレーダーピケット艦的な内容の艦となった。同型艦がないため、運用には苦労したという。

1962年三宅島噴火の際には避難民の輸送に活躍した。1968年、実用実験隊に編入され、ソナー魚雷など新兵器の試験艦任務に充てられた。1970年には浦賀水道で訓練中に小型タンカーと接触する事故を起こしている。

1971年3月31日に除籍、江田島の古沢鋼材に払い下げられ、その後解体処分された。

諸元[編集]

  • 基準排水量 1,250t
  • 武装 68式 76mm連装速射砲、連装魚雷発射管、ヘッジホッグ・爆雷投射器・爆雷投下軌条など
    • 試験艦として改装が多岐にわたるため、武装は一定しない

エピソード[編集]

本艦の復旧にあたっては、民間企業である北星船舶工業に一度払い下げられていたものを、再度国が高値で買い戻すという経緯が国会の議場でも批判された。また、状態は良好とされたものの、長期間海中に浸かっていた機関部は念入りにレストアされたにもかかわらず就役後もすさまじい雑音を発したと伝えられる。このため、本艦は実用性よりも海自が自認する旧海軍後継組織としての“血統書”の意味合いがあったのではとする意見が、当時から現在に至るまで根強く残っている。

高森直史著『海軍食グルメ物語』によると、わかばの補給長は「梨」の主計兵であったという。「梨」の旧乗組員は優先的にわかばに配置されたようであるが、同じ艦なので主機等の習熟訓練他を考えると合理的でもある。 また、わかばでは何度か幽霊騒ぎがあったと言う。

尚、「梨」より修理改装の際に外された前部高角砲魚雷発射管は、江田島海上自衛隊第一術科学校にて展示保存されており、現存している。

年表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 駆逐艦・梨の戦闘
  2. ^ これによる損害が原因で沈没したため、「梨」は「爆撃機でも攻撃機でもなく戦闘機により撃沈された駆逐艦」という珍しい記録を持つこととなった。
    同様の記録を持つ駆逐艦には、「梨」の他に、1941年、ウェーク島攻略の際にF4F戦闘機の攻撃で魚雷ないし爆雷の誘爆により沈没した、駆逐艦「如月」が存在する。
  3. ^ ただし、特務艇などの再利用は他にも存在する
  4. ^ 「存在していない」という意味での「なし」と誤読される危険があるため

参考文献・資料[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0461-X
高橋治夫 「護衛艦に生まれ変わった“わかば”」 p196~p197
  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 歴史群像 太平洋戦史シリーズ43 松型駆逐艦 簡易設計ながら生存性に秀でた戦時急造艦の奮戦』(学習研究社、2003年) ISBN 4-05-603251-3
岡田幸和「改丁型駆逐艦「梨」、護衛艦「わかば」に変身」 p138~p146
COLOR PHOTO「改丁型「梨」搭載の単装高角砲と発射管」 p111~p118
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • フォト・ドキュメント「「梨」から「わかば」へ 改丁型駆逐艦の再生
海人社『世界の艦船』2007年4月号 No.672 p45~p49

関連項目[編集]