橘 (橘型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
計画 1944年(昭和19年)度計画
建造所 横須賀海軍工廠
起工 1944年7月8日
進水 1944年10月14日
就役 1945年1月20日竣工
その後 1945年7月14日戦没
除籍 1945年8月10日
要目(計画値)
排水量 基準:1,262トン
公試:1,530トン
全長 100.00m
全幅 9.35m
吃水 3.30m
主缶 ロ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 19,000馬力
速力 27.8ノット
航続距離 18ノットで3,500海里
燃料 重油370トン
乗員 211名/276名[1]
兵装 40口径12.7cm単装高角砲 1基
40口径12.7cm連装高角砲 1基
25mm連装機銃 4基
25mm単装機銃 12基
61cm4連装九二式魚雷発射管 1基4門(予備魚雷なし)
九四式爆雷投射機 2基、爆雷投下軌条×2、(二式爆雷 36発)
四式水中聴音機

(たちばな)は日本海軍駆逐艦。仮称5511号艦、橘型(改松型)駆逐艦の1番艦として横須賀海軍工廠で建造された。

艦名は植物のタチバナによる。食用柑橘類の総称でもある。艦名としては桜型駆逐艦2番艦に続いて2代目。

艦歴[編集]

就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊高間完少将海軍兵学校41期)に編入。瀬戸内海に回航され、1945年(昭和20年)3月15日付で「椿」「」「」「」「」とともに第五十三駆逐隊を編成する[2]。4月7日以降は第三十一戦隊鶴岡信道少将・海兵43期)の指揮下に入り[3]回天目標艦として大津島方面で行動した[4]。5月7日、「柳」とともに大湊警備府部隊に編入され[5]、5月13日にを出港して大湊へ回航された[6]関門海峡掃海を待って日本海に移動し[7]、5月21日に大湊に到着した[8]津軽海峡で対潜警戒に従事する傍ら、6月11日に「柳」とともに大湊を出港して、5月11日に占守島で爆撃を受け損傷した海防艦八丈」の護衛を兼ねて舞鶴に向かう[9]。その後も津軽海峡の警戒に従事し、函館湾を根拠とした。

7月14日、折から日本本土への最終攻撃作戦を行っていた第38任務部隊ジョン・S・マケイン・シニア中将)は、朝から艦載機を飛ばして北海道および東北地方の市街や港湾施設、飛行場、艦船を片っ端から攻撃していった。空襲を受けるや否や、のチェーンを切断して外洋に出ようとしたが、7時20分ごろに被弾して船体中央部を切断し、葛登支岬灯台の南東約3海里の地点で右に倒れて沈没していった[10]。乗員のうち156名が戦死した。8月10日除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』369頁による。

艤装員長[編集]

  1. 林利房 少佐 1944年12月10日-

駆逐艦長[編集]

  1. 林利房 少佐 1945年1月20日-

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.34
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127900, pp.60
  3. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.52
  4. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.73,74
  5. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.41,42
  6. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.44
  7. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.45,46
  8. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.49
  9. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128100, pp.12 、『海防艦戦記』75、76ページ
  10. ^ 『大湊防備隊戦闘詳報第九号』pp.28 、木俣, 646ページ
竣工時の橘の艦型図。矢印部分は松型駆逐艦との相違点。

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年一月一日至昭和二十年一月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127800
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年三月一日至昭和二十年三月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(6)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127900
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年五月一日至昭和二十年五月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(7)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030128000
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年六月一日至昭和二十年六月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(8)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030128100
  • 大湊防備隊『昭和二十年七月三十日 大湊防備隊戦闘詳報第九号 (七月十四、五日敵機動部隊来襲ニ依ル対空戦闘)』(昭和19年12月1日~昭和20年7月30日 大湊防備隊戦時日誌戦闘詳報(9)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030453700
  • 海防艦顕彰会『海防艦戦記』海防艦顕彰会/原書房、1982年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 石井勉(編著)『アメリカ海軍機動部隊 英和対訳対日戦闘報告/1945』成山堂書店、1988年、ISBN 4-425-30121-8
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.43 松型駆逐艦』(学習研究社、2003年) ISBN 4-05-603251-3