伊予灘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
伊予灘(画面中央の豊予海峡より北の海域)

伊予灘(いよなだ)は、瀬戸内海西部の海域。愛媛県松山市山口県周防大島大分県国東半島に至る海面を指す。

概要[編集]

領海及び接続水域に関する法律』の区分では別府湾を含み、大分県姫島と山口県の祝島を結ぶ線を境界として周防灘に、豊予海峡を境界として豊後水道に接する。

海底部は至って平坦な地形が続き、太平洋外洋水が入り込みやすい。そのためイワシサバアジなどの好漁場となっており、速吸瀬戸など潮流が速い所で獲ることから、身が締まって味のいい魚介類が獲れる。

気候は瀬戸内海式気候に属しており晴天の日が多く、年間降水量も少ない。冬は関門海峡からの北西の季節風の影響を受けるため、雲が広がりやすい。

また、佐田岬佐賀関半島を結ぶ線のやや北、海底に中央構造線が通っているため活断層が多く、地震が多数発生する地帯としても知られる。

関連項目[編集]