いかづち型護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JS Ikazuchi (DE-202).jpg
護衛艦「いかづち」
いかづち型護衛艦
艦級概観
艦種 護衛艦(DE)
建造期間 1954年 - 1955年
就役期間 1956年 - 1983年
前級 DE:あさひ型
次級 DE:いすず型
性能諸元
(建造時)
排水量 基準:1,070トン(DE-203は5トン増)
全長 88メートル (289 ft)
全幅 8.7メートル (29 ft)
吃水 3.08メートル (10.1 ft)
深さ 5.4メートル (18 ft)
機関 ディーゼルエンジン(各6,000ps 2基
推進軸 2軸
速力 最大: 26ノット
乗員 160名
兵装 54式3インチ単装緩射砲 2基
Mk.1 40mm連装機関砲 2基
54式対潜弾発射機 1基
54式爆雷投射機 8基
54式爆雷投下軌条 2条
GFCS Mk.51 3基
レーダー OPS-2 対空捜索用 1基
OPS-3 水上捜索用 1基
ソナー QHBa 捜索用 1基
QDA 攻撃用 1基

いかづち型護衛艦(いかづちがたごえいかん、英語: Ikazuchi-class destroyer escort)は、海上自衛隊が運用していた護衛艦(DE)の艦級。

昭和28年度計画において2隻が建造されており、これらは、準同型艦「あけぼの」と共に、日本第二次世界大戦後初めて建造した乙型警備艦となった。艦名は旧海軍雷型駆逐艦」「電」、吹雪型駆逐艦」「」に続き日本の艦艇としては3代目である。4代目についてはむらさめ型護衛艦を参照のこと。

来歴[編集]

1952年(昭和27年)4月26日海上保安庁内において、将来の海軍の母体となるべく海上警備隊が創設された。海上警備隊は、同年8月1日には陸上部隊である警察予備隊(のちの保安隊)とともに保安庁隷下に移管されて警備隊に改組され、本格的な再編制への体制が整えられることになった[1]

しかし警備隊の発足時に保有していた船舶は、海上保安庁から所管換された掃海船等78隻に過ぎなかった(海上自衛隊の掃海船 (編入船)参照)。このことから、日米船舶貸借協定により、1953年(昭和28年)1月1日より日本にパトロール・フリゲート(PF; くす型警備船)や上陸支援艇(LSSL; ゆり型警備船)が貸与されるとともに、昭和28年度計画において、初の国産艦艇新造計画が立案された。本計画では警備船として、甲型(はるかぜ型護衛艦)2隻に加えて、これに準ずる乙型3隻が計上されており、このうち乙型警備船(DE)については、主機関を蒸気タービンとしたものとディーゼルエンジンとしたものの2艦種が計画された。このディーゼル推進型の乙型警備船として開発されたのが本型である。

なお、1954年(昭和29年)の防衛庁の発足に伴い警備隊は海上自衛隊に改組され、警備船も警備艦と改称した。

船体・機関[編集]

本型が計画された1950年代前半当時、保安庁自身の艦船設計組織が未整備であったことから、旧海軍の技術者を中心に財団法人船舶設計協会が組織されて警備隊などの艦船設計に当たっており、本型の基本設計も船舶設計協会によって行なわれた。設計に当たっては旧海軍松型駆逐艦、甲型海防艦及び鴻型水雷艇をタイプシップとしたが、比較検討のため全て同型艦とはされず、主機として「あけぼの」には蒸気タービン、いかづち型2隻にはディーゼルエンジンをそれぞれ採用した[2]

本型の主機関は、2ストローク直列9気筒排気ターボ過給機付きトランク・ピストン型中速ディーゼルエンジンである。1番艦には三菱重工業製、2番艦には三井造船製のものをそれぞれ搭載しており、出力は各6,000馬力で26ノットを発揮した。これらは当時海外でも例を見ない高出力・中速機であり、当初は初期不良に苦しめられたものの、これらを克服したのちは予想以上の好成績を示し[3]、航続距離や重量・容積、省力性などでも「あけぼの」のタービン主機に優り、以後のDEはディーゼル推進艦として建造されることとなった。「あけぼの」に比べると煙突が一本化され、ディーゼルの防振対策を施すなどの相違点がある。船型は米海軍の駆逐艦と同じ平甲板型を採用している[4]

装備[編集]

装備面では、同年度計画艦である「あけぼの」とほとんど同様であり、おおむね、同年度計画で建造された甲型警備船であるはるかぜ型(28DD)の縮小版と言うことができる。

センサー[編集]

本型の搭載レーダーはいずれも国産化されており、対空捜索用としてOPS-2、対水上捜索用としてOPS-3を搭載する。これらはいずれもアメリカ製のレーダーを元に国産化したもので、OPS-2ははるかぜ型用として入手したAN/SPS-6を国産化したOPS-1、OPS-3は同じくAN/SPS-5をベースとしている[5]

一方、ソナーはいずれもアメリカ製の戦後世代機を搭載していた。建造当初は、スキャニング方式のQHBaを捜索用として、サーチライト方式のQDAを攻撃用として搭載しており、艦底には2種のソナー・ドームを持っていた。なおQHBaは、1959年(昭和34年)の特別改装で、発展型のAN/SQS-11に換装された[6]

武器システム[編集]

対潜兵装としてはヘッジホッグ対潜迫撃砲の国産化版である54式対潜弾発射機、K砲の国産化版である54式爆雷投射機、また54式爆雷投下軌条が搭載されている。

主砲として54式50口径3インチ単装緩射砲(アメリカ製のMk.22のライセンス生産版)、高角機銃としてMk.1 40mm連装機銃を搭載しており、砲射撃指揮装置(GFCS)としてはくす型と同系列のMk.51が用いられた。またこれらの砲熕兵器は、就役から3年も経たない1959年(昭和34年)の特別改装において刷新されており、主砲はアメリカ製のMk.34 50口径3インチ単装速射砲に換装、主砲用にMk.63 GFCSが導入されたかわりに、40ミリ機銃とMk.51 GFCSは各1基に削減された[7]

運用[編集]

同型艦一覧
艦番号 艦名 建造 起工 進水 就役 退役 除籍
DE-202
YAC-30
『保管船』
いかづち 川崎重工業
神戸造船所
1954年
(昭和29年)
12月18日
1955年
(昭和30年)
9月6日
1956年
(昭和31年)
5月29日
1976年
(昭和51年)
3月31日
1983年
(昭和58年)
DE-203
YAC-31
『保管船』
いなづま 三井造船
玉野事業所
1954年
(昭和29年)
12月25日
1955年
(昭和30年)
8月4日
1956年
(昭和31年)
3月5日
1977年
(昭和52年)
3月15日

2番艦「いなづま」は1956年3月5日に竣工し、第二次世界大戦後の国産護衛艦(警備艦)では最初の就役となった。同年8月1日、準同型艦「あけぼの」とともに自衛艦隊第1護衛隊群の隷下に第7護衛隊を新編し、1961年護衛艦隊の新設に伴ってその隷下に編入された[8]

その後、新世代護衛艦の増勢に伴い、1964年には護衛隊ごと第3護衛隊群へ、そして1969年には呉地方隊に配属替えとなった。なおこの際、「あけぼの」は護衛隊から切り離されて横須賀地方隊に転属となっている。両艦とも老朽化に伴い、1976年から1977年にかけて支援船籍の保管船(いわゆる予備艦)に種別変更され、1983年に揃って除籍された[9]

なお1960年6月4日津軽海峡で対潜訓練中の「いなづま」に「あけぼの」が衝突、艦橋を破損し「いなづま」の乗員2名が死亡、2名が負傷する事故を起こしている。海自の事故調査委員会によれば、原因は「あけぼの」の操艦ミスであった。さらに翌5日、函館で入渠修理中の「いなづま」でガソリンが爆発、乗員3名が死亡、乗員4名とドック従業員2名が負傷した。

参考文献[編集]

  1. ^ 増田弘 『自衛隊の誕生 日本の再軍備とアメリカ』 中公新書2004年、130-136頁。ISBN 978-4121017758
  2. ^ 「日本のデストロイヤー発達史 - 海上自衛隊創設後の歩み」、『世界の艦船』第742号、海人社、2011年6月、 91-97頁、 NAID 40018815742
  3. ^ 阿部 安雄「護衛艦の技術的特徴 - 2.推進システム」、『世界の艦船』第742号、海人社、2011年6月、 106-111頁、 NAID 40018815745
  4. ^ 「護衛艦の技術的特徴 - 1.船体デザイン」、『世界の艦船』第742号、海人社、2011年6月、 100-105頁、 NAID 40018815744
  5. ^ 多田智彦「海上自衛隊の艦載兵器1952-2010 - 4 レーダー/電子戦機器」、『世界の艦船』第721号、海人社、2010年3月、 100-105頁、 NAID 40016963809
  6. ^ 「海上自衛隊の艦載兵器1952-2010 - 3.水雷兵器」、『世界の艦船』第721号、海人社、2010年3月、 94-99頁、 NAID 40016963808
  7. ^ 「回想の自衛艦 「いかづち」「くろしお」」、『世界の艦船』第696号、海人社、2008年10月、 46-47頁。
  8. ^ 「護衛艦隊1961-2011その所属艦の変遷」、『世界の艦船』第750号、海人社、2011年11月、 21-39頁、 NAID 40019002762
  9. ^ 「海上自衛隊全艦艇史」、『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 1-261頁、 NAID 40006330308