てるづき (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JMSDF Teruzuki (DD-162).png
艦歴
発注 1957年10月10日
起工 1958年8月15日
進水 1959年6月24日
竣工 1960年2月29日
就役 1986年3月27日 (特務艦に転籍)
除籍 1993年9月27日
主要諸元
艦級 あきづき型護衛艦 (初代)
排水量 基準: 2,350トン
全長 118m
全幅 12m
吃水 4.03m
機関 三菱神戸CE型2胴水管ボイラー
• 三菱WEC型衝動反動式蒸気タービン×2基
推進器×2軸[1]
機関出力 45,000ps
速力 最大32ノット
航続距離 7,800海里 (18ノット時)[2]
乗員 330名
兵装 Mk.39 54口径5インチ単装砲×3門
57式3インチ連装速射砲×2基4門
Mk.108 対潜ロケット砲×1基(1976年撤去)
71式ボフォース・ロケット発射機 1基(1976年装備)
Mk.10ヘッジホッグ対潜迫撃砲×2基(1976年撤去)
• 55式爆雷投射機(Y砲)×2基(1968年撤去)
• 54式爆雷投下軌条×2条(1968年撤去)
• Mk.2 483mm短魚雷落射機×2基(1976年撤去)
• 55式53cm4連装魚雷発射管×1基
68式3連装短魚雷発射管(1976年装備)
レーダー OPS-1 対空捜索用
OPS-5 対水上捜索用
• US Mk34射撃用レーダー
• 57式射撃指揮装置
• Mk63 Mod14射撃指揮装置
ソナー AN/SQS-4 捜索用
• AN/SQR-8 攻撃用
• OQA-1A 可変深度式 (1968年5月装備)
電子戦
対抗手段
NOLR-1 ESM
テンプレートを表示

てるづき英語: JDS Teruzuki, DD-162 / ASU-7012)は、海上自衛隊護衛艦あきづき型護衛艦 (初代)の2番艦。

艦歴[編集]

「てるづき」は、日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定に基づく米国域外調達(OSP、供与先国調達)によるアメリカ合衆国側の1957年度予算計画艦として新三菱重工業神戸造船所で建造され、1958年8月15日起工、1959年6月24日進水、1960年2月29日にアメリカ海軍籍艦「DD-961」として就役の後に海上自衛隊に供与のうえ編入され横須賀地方隊に編入された。

1961年9月1日自衛艦隊隷下に護衛艦隊が新編され、護衛艦隊の初代旗艦となる。

1963年3月30日浦賀水道で貨物船と衝突。右舷後部を損傷し乗員5名が死亡する事故が起きている。詳細は下記「衝突事故」を参照

1963年12月3日、護衛艦隊旗艦の任を護衛艦「あきづき」に譲る。

1964年12月10日第1護衛隊群に旗艦として編入される。

1968年5月、艦尾の爆雷投下軌条、爆雷投射機が撤去され、VDS(可変深度ソナー)が装備された。

1971年2月1日、護衛艦隊隷下に第4護衛隊群が新編され、旗艦として編入される。

1976年9月からMk.108 対潜迫撃砲、ヘッジホッグ、Mk.2短魚雷落射機を撤去し、71式ボフォース・ロケット発射機及び3連装短魚雷発射管を装備する改装工事を受け1972年1月31日に完工した。

1984年3月30日第3護衛隊群に直轄艦として編入され、定係港も舞鶴に転籍となる。

1986年3月27日、特務艦に種別変更され、艦籍番号もASU-7012に変更となり、舞鶴地方隊直轄艦となる。

1987年7月1日、練習艦に種別変更され、艦籍番号もTV-3504に変更となり、練習艦隊第1練習隊に編入された。また、定係港がとなる。

1991年6月20日、再び特務艦に種別変更され、第1潜水隊群直轄艦となる。

1993年9月27日に除籍。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
  岡島襄三 1976.4.5-1977.7.10 海保大1期・4期幹候 ちはや艦長 第3海上訓練指導隊副長
            
          
    

衝突事故[編集]

1963年3月30日午前3時45分頃、伊豆大島沖での海難救助訓練を終え帰港中の「てるづき」は第二海堡の北西約4kmで、兵庫県神戸市の新日本汽船所属の貨物船「賀茂春丸」2,350トン(乗員46名)と衝突事故をおこした。 「てるづき」の右後部に「賀茂春丸」の舳先が食い込む形で衝突し、4~5mに渡って「てるづき」の船体がえぐられた。 突箇所にあたる第八居住区で就寝していた5名が死亡、他に23名が重軽傷を負った。 衝突の原因は「賀茂春丸」の見張りが「てるづき」の尾灯を小型の漁船と勘違いして「小さい船だから尾灯の前を横切ればいい」と思い込んだもので、衝突直前になって巨大な護衛艦だと気づいて回避行動を起こしたが間に合わなかった。

参考文献[編集]

  1. ^ 「「あきづき」型の技術的特徴 (特集 護衛艦「あきづき」型の回顧)」、『世界の艦船』第728号、海人社、2010年8月、 152-157頁、 NAID 40017180449
  2. ^ 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み 第5回」、『世界の艦船』第778号、海人社、2013年5月、 146-153頁。
  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)