日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定
通称・略称 日米相互防衛援助協定、MSA協定
署名 1954年3月8日東京
効力発生 1954年5月1日
条約番号 昭和29年条約第6号
言語 日本語および英語
主な内容 アメリカと日本の双方が互いに軍事的に支援することを定める
関連条約 日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約
条文リンク アメリカ合衆国 相互防衛援助協定 (PDF) - 外務省
テンプレートを表示

日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのそうごぼうえいえんじょきょうてい)は、日本岡崎勝男外務大臣アメリカ合衆国ジョン・M・アリソン駐日大使との間で、1954年3月8日に東京で署名された協定。本文11箇条と附属書A - Gで構成される。通称として日米相互防衛援助協定[1]MSA協定[2]などがある。

概要[編集]

協定ではアメリカと日本の双方が互いに軍事的に支援することを定めている。具体的には、アメリカが地域における安全保障を維持する為に、日本の国土に米軍を配置することを可能にした。さらに、日本は自らの防衛に責任を果たすよう義務付けられ、防衛の目的でのみ再軍備する事を認められた。協定は1954年5月1日に批准された。

脚注[編集]

  1. ^ 日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法(昭和二十九年六月九日法律第百六十六号)
  2. ^ 日米MSA協定が結ばれる公文書に見る日本のあゆみ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]