アルバトロス級コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバトロス級コルベット
Insert image here.svg
艦級概観
種別 コルベット
艦名
建造者
運用者  イタリア海軍
 デンマーク海軍
 オランダ海軍
建造期間
就役期間 1955年 - 1992年(イタリア海軍)
1955年 - 1981年(デンマーク海軍)
1956年 - 1961年(オランダ海軍)
同型艦 8隻(うち4隻はデンマーク海軍のトリトン級コルベット)
前級 ガッビアーノ級コルベット
次級 ピエトロ・ディ・クリストファロ級コルベット
主要諸元
排水量 基準排水量:895t
満載排水量:950t
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 76.3m
全幅 9.6m
吃水 2.7m
深さ
機関 アンサルド-フィアット ディーゼル×2基、2軸推進
機関出力 4,600馬力
電力
速力 20.4ノット
燃料 トン
航続距離 8,400海里(10ノット航行時)
2,520海里(20ノット航行時)
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 108名
搭載量
装甲
兵装 76mm/L62 単装両用砲×2基
(イタリア海軍では、1962年に40mm/L70単装機関砲に換装)
40mm/L70 連装機関砲×1基
ヘッジホッグ Mk 11 対潜迫撃砲×2基
K-Gun Mk. 9 爆雷投射機×4基
爆雷投下軌条×1基
3連装短魚雷発射管×2基
(イタリア海軍のみ、1962年に後日装備)
搭載機
搭載総数
搭載艇
C4ISTAR
レーダー
ソナー
電子戦
対抗手段
特殊装備
その他

アルバトロス級コルベットイタリア語: Corvetta Classe Albatros)とは、イタリア海軍第二次世界大戦後初めて建造したコルベットである。

概要[編集]

アルバトロス級コルベットは8隻が全てイタリアで建造されたが、NATO相互防衛援助協定Mutual Defense Assistance Act)に基づいてアメリカが資金援助を行い、1隻がオランダ海軍、4隻がデンマーク海軍に供与され、デンマークにおいてはトリトン級コルベットTriton-klassen)と呼ばれた。ただしオランダ海軍に供与された1隻は1961年に同国海軍を退役し、一旦書類上でアメリカに返還された上でイタリア海軍に売却された。

1962年にイタリア海軍に所属する4隻のアルバトロス級コルベットは、搭載していた76mm砲を40mm機関砲に換装したほか、3連装対潜短魚雷発射管2基を搭載する改修を受けた。

アルバトロス級コルベットは、イタリア海軍において対潜哨戒や警戒・監視を主な任務としていたほか、士官候補生の訓練艦としても利用された。

イタリア海軍においては1986年に1番艦アルバトロスが退役し、他の3隻も1992年には全て退役した。デンマーク海軍においてはイタリア海軍よりも早く、1975年から1981年にかけて4隻全てが退役した。

同型艦[編集]

イタリア海軍
艦番号 艦名 造船所 進水 就役 退役 備考
F543 アルバトロス
Albatros
カステッランマーテ・ディ・スタービア造船所 1954年
7月18日
1955年
6月1日
1986年
4月30日
F544 アルシオーネ
Alcione
カステッランマーテ・ディ・スタービア造船所 1954年
9月19日
1955年
10月23日
1992年
F545 アイローネ
Airone
カステッランマーテ・ディ・スタービア造船所 1954年
11月21日
1955年
11月21日
1992年
F542 アクィラ
Aquila
マルゲーラ造船所 1954年
7月31日
1961年
10月18日
1992年 旧オランダ海軍、リンクス(Lynx)
デンマーク海軍
艦番号 艦名 造船所 進水 就役 退役
F344 ベローナ
Bellona
カステッランマーテ・ディ・スタービア造船所 1955年
1月9日
1957年
2月2日
1981年
1月9日
F345 ディアナ
Diana
Riva Trigoso造船所 1954年
12月19日
1955年
7月30日
1975年
8月30日
F346 フローラ
Flora
Riva Trigoso造船所 1955年
6月25日
1956年
8月28日
1977年
F347 トリトン
Triton
Tosi di Taranto造船所 1954年
9月12日
1955年
8月10日
1981年
1月9日
オランダ海軍
艦番号 艦名 造船所 進水 就役 退役 備考
F823 リンクス
Lynx
マルゲーラ造船所 1954年
7月31日
1956年
10月2日
1961年
10月18日
同日、イタリア海軍にて「F542 アクィラ」として再就役

関連項目[編集]