トロンプ級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロンプ級フリゲート
F801 Tromp ca 1995.jpg
艦級概観
艦種 フリゲート
前級 デ・ロイテル級巡洋艦 (2代)
次級 ヤコブ・ファン・ヘームスケルク級フリゲート
性能諸元
排水量 基準:3,665t
満載:4,305t
全長 133.2m
全幅 14.8m
喫水 6.6m
機関 COGOG方式
TM3Bガスタービンエンジン (22,000ps) 2基
RM1Cガスタービンエンジン (4,100ps) 2基
推進器 2軸
速力 最大: 28kt
航続距離 5,000nmi/18kt
乗員 306名
兵装 ボフォース 120mm連装砲 1基
ゴールキーパー 30mmCIWS 1基
Mk.13単装ミサイル発射機
(SM-1MR SAM用)
1基
Mk.29 8連装ミサイル発射機
(シースパロー短SAM用)
1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管 2基
艦載機 リンクス SH-14B 1機
C4I 海軍戦術情報システム
(SEWACO Iリンク 10/11)
レーダー SPS-01 3次元式 1基
AN/SPG-51 SAM射撃指揮用 2基
WM25 砲・短SAM射撃指揮用 1基
ソナー SQS-505 艦首装備式 1基

トロンプ級フリゲートオランダ語: fregat van de Trompklasse, : Tromp-class frigate)は、オランダ海軍に在籍したミサイルフリゲート

概要[編集]

1966年、オランダ海軍は、艦隊旗艦の任にあたっていたデ・ロイテル級巡洋艦の後継として、2隻の誘導ミサイル・フリゲート(Geleide Wapenfregatten)の建造を計画した。この計画に基づいて整備されたのが本級であり、1971年よりロイヤル・シェルデ造船所において建造に着手した。なお本級は、イギリス海軍42型駆逐艦とともに、防空用途に建造された最初期のミサイル艦とされている。

本級は同国海軍初のガスタービン推進艦である。その主機構成は、世界初のオール・ガスタービン推進戦闘艦であるイギリス海軍21型フリゲートのものを踏襲して、巡航用のロールス・ロイス タインRM1Cと高速用のロールス・ロイス オリンパスTM3Bを組み合わせたCOGOG方式とされた。また外見上も、Y字型の煙突、艦橋上のSPS-01 3次元レーダーを収納した大型レドームなど特徴ある艦容であり、コジャック愛称で呼ばれていた。

防空艦として最重要のセンサーとなる3次元レーダーとしては、上記のとおり国産のSPS-01を大型レドームに収容して搭載した。またSEWACO I戦術情報処理装置も、アメリカの海軍戦術情報システム(NTDS)に準拠してはいるが、基本的には国産とされている。防空武器システムとしてはアメリカ製のターター・システムが導入され、また個艦防空用としてシースパローIBPDMSも搭載された。ただしシースパローIBPDMS用の射撃指揮システムとしては、国産のWM25が用いられている。主砲としてはホラント級駆逐艦の退役艦より転用されたボフォース社製120mm連装砲が採用されており、建造当初は艦の前後に1基ずつ設置されていたが、のちに後部の2番砲はゴールキーパー 30mm CIWSに換装された。

同型艦
# 艦名 造船所 起工 就役 退役
F801 トロンプ
HNLMS Tromp
ロイヤル・シェルデ 1971年8月 1975年10月 1999年11月
F806 デ・ロイテル
HNLMS De Ruyter
1971年12月 1976年6月 2001年10月

参考文献[編集]

関連項目[編集]