サウロ級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウロ級潜水艦
Sauro class.jpg
艦級概観
種別 潜水艦
艦名
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間
同型艦
前級 エンリコ・トーチ級潜水艦
次級 212A型潜水艦
主要諸元
排水量 水上: 1,456t / 水中: 1,631t
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 63.9 メートル (210 ft)
全幅 6.8メートル (22 ft)
吃水 {{{吃水}}}
深さ {{{深さ}}}
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
フィンカンティエリGMT210.16NMディーゼルエンジン×3基
電動機×1基
7翔式スクリュープロペラ×1軸
機関出力 ディーゼルエンジン: 3,350馬力
電動機: 3,210馬力
電力 {{{電力}}}
速力 水上: 12kt / 水中: 19kt
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 水上: 11,000nmi / 11kt
水中: 250nmi / 4kt
潜航深度 300m
乗員 45名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 533mm魚雷発射管×6
(A184 mod.3魚雷×12 / 機雷×24)
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR SISU-1 UBFCS
(のちにBSN-716 CDS)
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー IPD-70/S
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

サウロ級潜水艦 (イタリア語: Sommergibili Classe Nazario Sauro) はイタリア海軍潜水艦で、現在運用中の艦級である。エンリコ・トーチ級潜水艦の後継艦として、改良型を含め8隻が建造された。

就役は1979年で、1982年までに4隻が就役している。また、1988年以降に改サウロ級4隻が就役した。この改サウロ級潜水艦は初期のものに比べると若干大型化しているという特徴がある。初期に就役した4隻の艦は寿命が迫っており、既に2隻が退役した。これらの艦の後継には212A型潜水艦が充てられる予定である。

同型艦
シリーズ # 艦名 建造所 起工 進水 就役 退役
1・2 S 518 ナザリオ・サウロ
Nazario Sauro
モンファルコーネ造船所 1974年6月27日 1976年10月1日 1980年2月12日 2002年5月1日
S 519 カルロ・フェチア・ディ・コッサート
Carlo Fecia di Cossato
1975年11月15日 1977年11月16日 1979年11月5日 2005年4月1日
S 520 レオナルド・ダ・ヴィンチ
Leonardo Da Vinci
1978年6月8日 1980年10月20日 1981年10月23日
S 521 グリエルモ・マルコーニ
Guglielmo Marconi
1979年10月23日 1980年9月20日 1982年9月11日 2003年10月1日
3 S 522 サルヴァトーレ・ペロースィ
Salvatore Pelosi
1985年7月23日 1986年11月29日 1988年7月14日
S 523 ジュリアーノ・プリーニ
Giuliano Prini
1987年7月30日 1987年12月12日 1989年5月17日
4 S 524 プリモ・ロンゴバルド
Primo Longobardo
1991年12月19日 1992年6月20日 1993年12月14日
S 525 ジャンフランコ・ガッザーナ=プリアロッジア
Gianfranco Gazzana-Priaroggia
1992年11月12日 1993年6月26日 1995年6月12日

出典[編集]

  • 中村久雄「伊保存潜水艦「ナザリオ・サウロ」の近影」、『世界の艦船』第783号、海人社、2013年9月、 66-67頁。

外部リンク[編集]