カピターニ・ロマーニ級軽巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カピターニ・ロマーニ級軽巡洋艦
写真はスキピオーネ・アフリカーノ
艦級概観
艦種 軽巡洋艦
艦名
前級 ルイジ・ディ・サヴォイア・デュカ・デグリ・アブルッチ級軽巡洋艦
次級
性能諸元
排水量 基準:3,750トン
常備:5,050トン
満載:5,420トン
全長 142.9 m(水線長:138.7 m)
全幅 14.4 m
吃水 4.1 m(常備)、4.9 m(満載)
機関 ソーニクロフト式重油専焼水管缶4基+ベルッゾ式ギヤードタービン2基2軸推進(オッタヴィアーノ・アウグスト、ポンペオ・マーニョはパーソンズ式ギヤード・タービン2基2軸)
最大出力 110,000 hp
最大速力 36ノット(公試時:40ノット)
航続距離 25ノット/3,000海里、18ノット/4,252海里
乗員 418名
兵装 1938年型13.5cm(45口径)連装砲4基
1939年型ブレダ 37mm(54口径)連装機関砲4基
1929年型20mm(65口径)機銃単装4基
53.3cm四連装水上魚雷発射管2基
機雷70個
搭載機 水上機1機搭載予定

カピターニ・ロマーニ級軽巡洋艦Incrociatore leggero classe Capitani Romani)とは、イタリア海軍軽巡洋艦の艦級である。本級はイタリア海軍が第二次世界大戦中に最後に竣工させた軽巡洋艦である。。本級の各艦は古代ローマ軍の隊長クラスの軍人の名にちなんで命名されたことから、「カピターニ・ロマーニ」級と称された。設計は造船官ウンベルト・プリエーゼとイナッツァオ・アルファーノ。[1]

概要[編集]

本級の設計時のフランス海軍の大型駆逐艦「モガドル」。


本級はフランス海軍が整備し続ける大型駆逐艦に対抗して建造されたクラスである。イタリア海軍が大戦前から整備していたコンデッチェリ型軽巡洋艦コンドッティエリ型軽巡洋艦[2]はフランスの軽巡洋艦に対抗するために代を重ねるごとに大型化し、前級の「ルイジ・ディ・サヴォイア・デュカ・デグリ・アブルッチ級」では基準排水量9,440トンという前大戦時の装甲巡洋艦並の大きさに達するに至った。

大型化した船体は建造費の高騰と建造時間の浪費に繋がり、更には既存の駆逐艦との随伴能力も危ぶまれた。そのため、新しく建造される軽巡洋艦は小型軽巡洋艦として設計をし直すことされた。そして、高速性能確保と建造費の抑制のために装甲を省き、船体を小型化した艦として研究される事になった。タイプシップはソ連海軍から建造依頼された「タシュケント型」大型駆逐艦に採った。当初の計画では副武装として6.5cm(64口径)高角砲6門と水上機1機を搭載し、軽度な防御を船体に施した軽巡洋艦として要求されていたが、船型が小型であったために防御はカットし、高角砲は諦めて3.7cm機関砲を搭載するに改められて建造された。戦時中に12隻が計画・建造されて多くが建造中止となり就役したのは3隻だった。[3]本級のうち2隻は賠償艦としてフランスに引き渡されてシャトールノー級軽巡洋艦「シャトールノー(旧アッティオ・レゴロ)」と「ギシャン(旧スキピオ・アフリカーノ)」となった。[4]

このうち「ポンペオ・マーノ」は戦後の1950年にいったん除籍したのち、近代化改装を受けて「サン・ジョルジョ(2代)」と改名されて再就役された。これに伴い、1956年にジュリオ・ジェニマニコが対潜警備艦に改装されたサン・ジョルジョの同型艦として「サン・マルコ(2代)」と改名して完成した。[5]

艦形[編集]

竣工時の「アッティリオ・レゴロ」。マスト上にEC.3型レーダーのアンテナが見える。

本級の船体形状は前級までの長船首楼型船体とは異なる平甲板型船体となった。強いシア(甲板の傾斜)を有する前後甲板に、本級から採用された新設計の「1938年型13.5cm(45口径)高角砲」を連装式の砲塔で背負い式で2基を配置。1・2番主砲塔の後方には円柱型の測距儀を載せた塔型艦橋と軽量な三脚型の前部マストが立つ。船体中央部には2本煙突が立ち、その周囲が艦載艇置き場となっており2番煙突の手前に配置したクレーン1基により運用された。

竣工時の「アッティリオ・レゴロ」。

本級の発射管は53.3cm連装魚雷発射管を上下に積み重ねた特殊な形状の四連装魚雷発射管で、2番煙突を挟むように中心線上に魚雷発射管が前後に1基ずつ配置された。この発射管は両舷に発射可能であるため、片舷8本の魚雷を射出可能である。後部発射管の後ろに13.5cm連装砲塔が後ろ向きに背負い式で2基が配置された。煙突の両脇から艦尾にかけて機雷の投下軌条が左右あわせて二対設けられている。就役後の1943年に「アッティオ・レゴロ」と「スキピオーネ・アフリカーノ」に国産のEC.3型レーダーが搭載された。

また「サン・ジョルジョ」と「サン・マルコ」は1963年から1965年にかけて候補生130名を収容できる練習艦に改装され、レーダーを最新のものに改めるとともに艦橋が箱形となったほか、機関をCODAG形式に改められるなどの近代化改装を受けて艦容が一変した。主砲は「12.7cm(38口径)高角砲」を連装砲架で3基、近接火器として「ボフォーズ 4cm(56口径)機関砲」を四連装砲架で2基と連装砲架4基に改められた。他に対潜兵装としてランチア・バス3連装対潜迫撃砲1基と爆雷投射機4機が搭載された。[6]

武装[編集]

主砲[編集]

主砲は「カイオ・ドゥイリオ級戦艦」の副砲にも採用された「OTO 1937型13.5cm(45口径)砲」を採用した。重量32.7 kgの砲弾を使用した場合仰角45度での射程距離19,600 mである。この砲を本級では連装砲塔に収めた。俯仰能力は仰角85度、俯角7度である。旋回角度は船体首尾線方向を0度として砲塔が左右120度の旋回角度を持つ。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。発射速度は毎分6発である。

機銃・水雷兵装[編集]

前述通り高角砲は持たず、替わりにブレダ社製「1939年型 37mm(54口径)高角機関砲」を主力対空兵器に採用した。この砲は1.63kgの弾を仰角80度で4,000mの高度まで到達させることができた。旋回と俯仰は主に人力で行われ、左右方向に120度旋回でき、俯仰は仰角80度、俯角10度で、発射速度は毎分90~120発だった。これを連装砲架で、艦橋の両脇に3基ずつ計6基、後檣の両脇に1基ずつ計2基の総計8基16門を配置した。他には同じくブレダ社製「1929年型20mm(65口径)機銃」を連装砲架で4基8丁を2番煙突の四隅に配置した。水雷兵装として53.3cm四連装水上魚雷発射管を2基装備した。

機関[編集]

1956年に撮影された「サン・ジョルジョ」。

ある。前級の「ルイジ・ディ・サヴォイア・デュカ・デグリ・アブルッチ級」はヤーロー式重油専焼水管缶8基を搭載していたが、本級は軽量化のためにソーニクロフト式重油専焼水管缶4基へと缶の基数を減少し、これにベルッゾ式ギヤードタービン2基2軸推進を組み合わせた。機関配置はイタリア近代巡洋艦伝統のシフト配置でボイラーを1室あたり1基を搭載して2室とタービン1基を1セットとして前後計2セットを配置した。艦首側のボイラーとタービンは右舷寄りに配置されて右舷軸を駆動し、艦尾側は左舷寄りに配置して左舷軸を駆動した。[7]

最大出力は110,000hp、公試においては計画速力の40ノットを発揮したが、実用速力は36ノットとされた。航続能力は25ノットで3,000海里と計算された。[8]

防御[編集]

本級は高速能力を発揮する代償として防御装甲を持たない艦として設計された。設計段階においては最小限度の防御はされる予定であったが、設計中に重量過多が判明したために装甲防御は断念された。このため艦橋に15mm、主砲塔に20mmなどの断片防御の装甲が張られただけであった。[9]

左から「デモイン」、「ルイジ・ディ・サヴォイア・デュカ・デグリ・アブルッチ」、「サン・ジョルジョ」と「サン・マルコ」。

同型艦[編集]

  • アッティーリオ・レゴロ」(Attilio Regolo)
  • 「カイオ・マリオ」(Caio Mario)
  • 「クラウディーオ・ドルソ」(Claudio Druso)
  • 「クラウディーオ・ティベリーオ」(Claudio Tiberio)
  • 「コルネリオ・シッラ」(Cornelio Silla)
  • 「ジュリオ・ジェルマニコ」(Giulio Germanico)
  • 「オッタヴィアーノ・アウグスト」(Ottaviano Augusto)
  • 「パオロ・エミリオ」(Paolo Emilio)
  • 「ポンペオ・マーニョ」(Pompeo Magno)
  • 「スキピオーネ・アフリカーノ」(Scipione Africano)
  • 「ウルピオ・トライアーノ」(Ulpio Traiano)
  • 「ヴィプサーニオ・アグリッパ」(Vipsanio Agrippa)

脚注[編集]

  1. ^ イタリア巡洋艦史(海人社), p. 110
  2. ^ アルベルト・ディ・ジュッサーノ級軽巡洋艦を参照。
  3. ^ イタリア巡洋艦史(海人社), p. 110
  4. ^ 2010年1月増刊号 近代巡洋艦史(海人社), p. 188
  5. ^ 1986年8月増刊号 第2次大戦のイタリア巡洋艦史(海人社), p. 36~37
  6. ^ 2010年1月増刊号 近代巡洋艦史(海人社), p. 185
  7. ^ イタリア巡洋艦史(海人社), p. 144
  8. ^ イタリア巡洋艦史(海人社), p. 145
  9. ^ 1986年8月増刊号 第2次大戦のイタリア巡洋艦史(海人社), p. 109

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第20集 第2次大戦のイタリア軍艦」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊 イタリア巡洋艦史」(海人社)
  • 世界の艦船 1986年1月増刊号 近代巡洋艦史」(海人社
  • 「世界の艦船 2010年1月増刊号 近代巡洋艦史」(海人社)

外部リンク[編集]