マエストラーレ級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マエストラーレ級フリゲート
Maestrale-Class MAESTRALE (F 570).jpg
艦級概観
艦種 フリゲート
就役期間 1982年~就役中
前級 アルティリエーレ級
後級 ベルガミニ級
性能・諸元
排水量 基準 2,208トン
満載 2,525トン
全長 113.2m
全幅 11.3m
吃水 3.7m
高さ 7.9m
機関 CODOG方式
LM2500ガスタービンエンジン (50,000ps) 2基
BL-230-20-DVMディーゼルエンジン (10,146ps) 2基
推進器(5翼) 2軸
速力 最大32ノット
航続距離 11,100km/15ノット
乗員 232人
兵装 127mm単装速射砲 1基
ブレダ40mm連装機関砲 2基
テセオMk.2 SSM発射筒 4基
アスピデ短SAM 8連装発射機 1基
533mm魚雷発射管 2基
ILAS-3 3連装短魚雷発射管 2基
艦載機 AB-212 哨戒ヘリコプター 2機
C4I 海軍戦術情報システム
(IPN-20+リンク 11/14)
レーダー RAN-10S 低空警戒/対水上用 1基
SPN-703 航法用 1基
RTN-10X 射撃指揮用 1基
RTN-20X CIWS用 2基
ソナー DE 1160B 船底装備式 1基
DE 1164 可変深度式 1基
電子戦
対抗手段
SCLAR チャフフレア発射機 2基

マエストラーレ級フリゲートイタリア語: frigate classe maestrale)は、イタリア海軍フリゲートの艦級。先行するアルティリエーレ級フリゲートの発展型として開発され、その後継として1983年から全部で8隻就役した。なお各艦名はイタリア語における各方位の風向を意味する。

船体・機関[編集]

船体設計はルポ級・アルティリエーレ級のそれを踏襲しており、艦首に強いシアを有する中央船楼船型が採用された。船体は15の水密区画に区分されている。

主機関もルポ級・アルティリエーレ級を踏襲して、フィンカンティエリ系列のグランディ・モトーリ・トリエステ(GMT; 現バルチラ・イタリア)社製のBL-230-20-DVMディーゼルエンジンと、フィアット社のライセンス生産によるゼネラル・エレクトリック LM2500ガスタービンエンジンによるCODOG構成とされた。ただし船体の大型化に対応して、ディーゼルエンジンは大出力化された発展型とされた。このCODOG機関は、後に、より大型のミサイル駆逐艦であるデ・ラ・ペンネ級駆逐艦においても踏襲された。

装備[編集]

本級の装備はアルティリエーレ級のものを踏襲、ないしはそれを発展させたものとされている。C4Iシステムの中核となる戦術情報処理装置は、制式名称はかわらずSADOC-2であるが、強化型のIPN-20に更新された。

武器システムはおおむねアルティリエーレ級のものを踏襲しているが、対潜火力を増強するため、A184両用魚雷(最大雷速38ノット、最大雷速時射程17km)のための533mm魚雷発射管が追加された。また船体の大型化に伴って航空艤装も強化されており、ハンガーの拡張によって艦載機は2機に増加している。

運用[編集]

本級は、ルポ級・アルティリエーレ級とともにイタリア海軍のフリゲート戦力の一翼を担い、艦隊のワークホースとして活躍してきた。しかし老朽化と防衛予算縮減に伴い、2013年以降、次世代のフリゲートと入れ替わりで退役する予定である。2012年のジェーン誌および世界の艦船誌の報道によれば、近い将来、2隻の退役艦がフィリピン軍に売却される交渉が行われていたが、フィリピン政府が国際入札による護衛艦の新造を決心したため、交渉は白紙となった。2013年7月8日、フィリピン政府は入札に先立ちAFP通信を通じて記者会見を開催し、イタリア政府に対して「マエストラーレ級を新造するならば、護衛艦として新造される2隻を購入する」旨のラブコールを送っている。

同型艦[編集]

# 艦名 造船所 進水 就役 母港
F570 マエストラーレ
ITS Maestrale
リヴァ・トリゴソ 1981年2月2日 1982年3月7日 ラ・スペツィア
F571 グレカーレ
ITS Grecale
ムッジャーノ 1981年9月12日 1983年2月5日
F 573 シロッコ
ITS Scirocco
リヴァ・トリゴソ 1982年4月17日 1983年9月20日
F575 エウロ
ITS Euro
1983年3月25日 1984年4月7日
F572 リベッチオ
ITS Libeccio
1981年9月7日 1983年2月5日 ターラント
F574 アリセオ
ITS Aliseo
1982年10月29日 1983年9月20日
F576 エスペロ
ITS Espero
1983年11月19日 1985年5月4日
F577 ゼッフィーロ
ITS Zeffiro
1984年5月19日 1985年5月4日

参考文献[編集]