FREMM計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FREMM計画
艦級概観
名前: FREMM
運用:  フランス海軍

 イタリア海軍

 モロッコ海軍
準分類: 対潜型

対空型(フランス)

汎用型 (イタリア)
建造: 7隻 (フランスは3隻, イタリアは3隻, フランスで1隻がモロッコ向けに建造)
計画: 22隻
完工: 3隻

FREMM計画とは、フランスイタリアが共同で行う汎用フリゲートイタリア語: Fregata Europea Multi Missioneフランス語: Frégates Européennes MultiMissions)開発計画である。但し、フランス海軍では、Dから始まる艦番号を与えられ、駆逐艦相当として扱われている。

2005年11月16日に決定された当初計画では、フランスが17隻、イタリアが10隻を調達する計画である。

フランス[編集]

フランスの導入計画は当初、2隻のトゥールヴィル級駆逐艦及び6隻のジョルジュ・レイグ級駆逐艦を更新する対潜型(ASM:anti-sous-marine)8隻と、9隻のデスティエンヌ・ドルヴ級通報艦を更新する対地型(AVT:action vers la terre)9隻の合計17隻を、8隻・4隻・5隻の3段階に分けて導入する予定であった。

しかし計画修正により隻数は11隻まで減らされ、対地型が取り止めになり対空型(FREDA:Frégates de défense aériennes)2隻に変更された。現在予算が承認されている8隻の内訳は対潜型6隻、対空型2隻である。対潜型の1番艦アキテーヌは2007年に起工され、2013年4月に就役した。

イタリア[編集]

イタリアの導入計画は、7隻のマエストラーレ級フリゲートと4隻のソルダティ級フリゲート(ルポ/アルティリエーレ級)を対潜型(ASW)4隻と汎用型(GP:General Purpose/LA:Land Attack)6隻で更新する計画であり、特に汎用型には対地攻撃能力を重視した装備が計画されている。

モロッコ[編集]

モロッコ海軍仕様の、ムハンマド6世。
フランス海軍仕様のアキテーヌ級駆逐艦に準じた設計。

モロッコ海軍は、フランスよりアキテーヌ級に準ずる対潜型1隻の調達を決定。建造は「アキテーヌ」の後、「ノルマンディー」の前に行われた。艦名は現在のモロッコの国王の名に因んでムハンマド6世とされており、2012年には就役の見込みである。

番号 形式 艦名 受注 起工 引渡し [1] 母港
F... ASM ムハンマド VI 2008年 2012年 2013年 Ksar es Seghir

脚注[編集]

  1. ^ FREMM : Dates d'ASA et prévisions d'affectations”. Mer et Marine (2010年9月25日). 2010年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]