アスピーデ (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスピーデ
アスピーデの艦載型“アルバトロス”を発射するベネズエラ海軍のフリゲート

アスピーデ(Aspide)は、イタリアのシレニア社が開発したセミアクティブ・レーダー・ホーミング誘導の中距離空対空ミサイル(AAM)。アスピーデはイタリア語で「マムシ」のこと(ただし先頭のアにアクセントがあり実際の発音は「アスピデ」のように後半を伸ばさない)。

概要[編集]

スパロー(AIM-7E-2)を基に、イタリア国産のロケットモーター、Iバンドのモノパルス方式シーカーを搭載するなどした発展型。

派出型[編集]

アルバトロス
アスピーデを使用した艦対空ミサイル(SAM)システム。発射機は4連装と8連装箱型、トルコ海軍のバルバロス級フリゲートに装備されたVLS型がある。
スパダ 
アラミスとも。陸上防空用の車載SAMシステム。発射機は6連装であり、ミサイルにはアスピーデMk1かアスピーデ2000を選択できる。
スカイガード 
エリコン(ラインメタル)製35mm機関砲防空システムであるが、アスピーデ発射機を追加可能である。同様にスカイシールド・システムにも追加可能とされる。

性能諸元[編集]

アスピーデ
※空対空型
アスピーデ2000
※空対空型
全長 3.7 m 3.89 m
直径 0.20 m
翼幅 1.00 m 0.64 m
エンジン 固体燃料ロケット
速度 マッハ2.5 マッハ3.0
重量 220 kg 241 kg
弾頭 高性能炸薬 (35kg)
誘導 セミアクティブ・レーダー・ホーミング
射程 50,000m 100,000m

外部リンク[編集]