アスプクサリヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスプクサリヘビ
Vipera aspis Lothringen 040 .jpg
アスプクサリヘビ Vipera aspis
(画像の個体は雌の成体)
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: クサリヘビ科 Viperidae
亜科 : クサリヘビ亜科 Viperinae
: クサリヘビ属 Vipera
: アスプクサリヘビ V. aspis
学名
Vipera aspis
(Linnaeus, 1758)
和名
アスプクサリヘビ
英名
Asp viper

アスプクサリヘビVipera aspis) は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目クサリヘビ科クサリヘビ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。

分布[編集]

イタリアスイススペインスロベニアドイツフランス

特長[編集]

全長は60cmほどで、最大でも85cm。本種はオスの方がメスよりも大きくなるが、体型はオスのほうが細くなる。体色は、岩場などに適した茶褐色で、黒い斑紋が筋のように規則正しく付いている。頭は大きな三角形で、牙は長く、折りたたみ式になっている。

[編集]

本種の毒は、ヨーロッパクサリヘビに比べても非常に強く、ヨーロッパでは最も恐れられている毒蛇。イタリアで発生したヘビ咬傷のうちの90%が、本種に因るものといわれ、致命率は4%ほどだという。 その主成分は出血毒で、神経毒は少ない。咬まれると激痛と共に患部が腫れあがる。

亜種[編集]

  • Vipera aspis aspis (Linnaeus, 1758)
  • Vipera aspis francisciredi Laurenti, 1768
  • Vipera aspis hugyi Schinz, 1833
  • Vipera aspis zinnikeri Kramer, 1958

生態[編集]

温暖な山岳地帯に生息し、特に乾燥地を好む。餌はネズミトカゲなどの小動物。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]