ヴィットリオ・ヴェネト (ヘリコプター巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vittorio Veneto C550.jpg
艦歴
起工 1965年6月10日
進水 1967年2月5日
就役 1969年7月12日
退役 2003年
除籍
その後 記念艦へ転用のためタラントに係留中。
性能諸元
排水量 基準:7,500トン
満載:9,550トン
全長 179.6 m
全幅 19.42 m
吃水 4.7 m
機関 ボイラー (43kgf/cm², 450℃) 4缶
蒸気タービン (36,500 shp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 32ノット
航続距離 6,000海里 (20kt巡航時)
乗員 士官53名+曹士504名
兵装 76mm単装砲 8門
40mm連装機銃 3基
Mk.10 ミサイル連装発射機
ASROC SUM×20発
テリアSAM×40発
1基
テセオ艦対艦ミサイル 4基
ILAS-3 3連装短魚雷発射管 2基
艦載機 AB-212 ASWヘリコプター 9機
もしくは、SH-3 6機
レーダー AN/SPS-52C 3次元式 1基
AN/SPS-40 対空捜索用
※ RAN-20X, RAN-3Lへ後日換装
1基
SPS-702 対水上捜索用 1基
RTN-10X 砲射撃指揮用 4基
RTN-20X 機銃射撃指揮用 2基
AN/SPG-55 SAM射撃指揮用 2基
ソナー AN/SQS-23G 船首装備式 1基
電子戦 ニュートン・イプシロン電波探知妨害装置
SCLAR チャフフレア発射機 2基

ヴィットリオ・ヴェネトイタリア語: Incrociatore Portaelicotteri Vittorio Veneto、C 550)は、イタリア海軍ヘリコプター巡洋艦である。ヘリコプター巡洋艦としては、モスクワ級ヘリコプター巡洋艦に次ぐ大型艦であった。

来歴[編集]

イタリア海軍では、1957-1958年度計画においてアンドレア・ドーリア級ヘリコプター巡洋艦3隻の建造を計画したものの、実際に建造が認められたのは2隻に留められた。このことから、本級の建造計画は、1959-1960年度計画において策定されたが、その設計は度々改訂された。なお、本級も2隻の建造が計画されたものの、2番艦「イタリア」の建造は延期され、最終的に軽空母ジュゼッペ・ガリバルディ」となった[1]

設計[編集]

ヘリコプター格納庫については、アンドレア・ドーリア級ヘリコプター巡洋艦では船体上部構造物の一部を構成していたが、本艦ではヘリコプター甲板の船首側にエレベーターが設けられ、その直下の艦内にヘリコプター格納庫を設けている。搭載定数は、AB-212 ASWであれば6機、SH-3 シーキングであれば4機であるが、実際にはその1.5倍の9機/6機として知られている[1]ヘリコプター甲板は長さ40m×幅18.5mを確保した[2]

建造後、1980年から1982年の改修により、テリア対空ミサイルはRIM-67 スタンダード (SM-1ER)に、40mm機関砲はダルドCIWSにそれぞれ更新され、テセオ対艦ミサイルにより対水上任務をもこなす艦隊旗艦として活動した。

艦歴[編集]

1997年には、アルバニア暴動に際して派遣された多国籍軍の旗艦を務めたが、ヴロラ港沖の砂洲で座礁事故を起こしている[3]

2003年に退役し、これを持ってEU諸国の海軍から巡洋艦は全て姿を消した。

出典[編集]

  1. ^ a b グローバルセキュリティー (2013年2月26日). “Vittorio Veneto CGH Guided Missile Helicopter Cruiser” (英語). 2014年5月6日閲覧。
  2. ^ Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. pp. 273-274. ISBN 978-0870212505. 
  3. ^ Italians Stuck in Sandニューヨーク・タイムズThe New York Times オンライン版、1997年4月23日付け記事

外部リンク[編集]