ヴィットリオ・ヴェネト (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RNVittorio Veneto-Battle of Cape Spartivento.jpg
艦歴
発注: CRDA社トリエステ造船所
起工: 1934年10月28日
進水: 1937年7月25日
就役: 1940年4月28日
退役:
その後: スクラップとして廃棄
除籍: 1948年2月1日
性能諸元
排水量: 基準:43,624 トン
満載:45,752 トン
全長: 224.5m
237.8m(水線長)
全幅: 32.9 m
吃水: 10.5 m
機関: ヤーロー重油専焼水管缶8基+ブルッゾー式ギヤード・タービン4基4軸推進
最大
出力:
140,000hp
最大
速力:
31.45ノット (56 km/h)
航続
距離:
16ノット/4,580海里
燃料: 重油:4,000トン(満載)
乗員: 1,830名(旗艦時:1,910名)
兵装: 38.1cm(50口径)3連装砲3基
15.2cm(55口径)3連装速射砲4基
9cm(50口径)単装高角砲12基
37mm(54口径)連装機関砲10基
2cm(65口径)単装機銃20基(機関砲・機銃は時期により増加)
航空兵装: 水上機3機
カタパルト1基

ヴィットリオ・ヴェネト (Vittorio Veneto) は、イタリア海軍超弩級戦艦ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦の1番艦である。艦名は第一次世界大戦ヴィットリオ・ヴェネトの戦いに因む。ヴィットリオ・ヴェネトはウンベルト・プリエーゼ造船将軍が設計し、ワシントン海軍軍縮条約の制限を超えた最初の戦艦であった。

概要[編集]

本艦はイタリア王国海軍が第二次大戦中に竣工させた最初で最後の超弩級戦艦「ヴィットリオ・ヴェネト級」のネームシップである。基本的な船体設計は第一次大戦時に計画された「フランチェスコ・カラッチョロ級」を踏襲しているが、仮想敵国であるフランス海軍ダンケルク級に対抗すべく、数々の新機軸を投入して全くの別設計となって建造された。

艦歴[編集]

ヴィットリオ・ヴェネトはトリエステカンティエーリ・リウニーティ・デッラドリアーティコで1934年10月28日に起工、1937年7月25日に進水し、イタリアフランスおよびイギリスとの戦争開始後の1940年4月28日に竣工した。

1940年11月27日にはスパルティヴェント岬沖海戦に参加し、遠距離からの7度の主砲斉射によりイギリスの巡洋艦隊を後退させた。

1941年3月26日から29日にかけてヴィットリオ・ヴェネトはマタパン岬沖海戦に参加し、ペロポネソス半島沖で砲戦を繰り広げた。カヴドス島近海でイギリスの巡洋艦隊に小規模の被害を与え退却させた後、ヴィットリオ・ヴェネトは雷撃機による攻撃を受け、帰還を余儀なくされた。イタリア艦隊はヴィットリオ・ヴェネトを援護するため5列の特異な陣形を取ったが、二度目の航空攻撃および続く夜戦で、3隻の重巡洋艦と2隻の駆逐艦がイギリス戦艦による砲撃で撃沈された。

魚雷攻撃により大きく破損し、4,000トンの海水が浸水したものの、ヴィットリオ・ヴェネトはタラントに帰還した。しかしながら修理には5ヶ月を要した。

1941年12月14日、北アフリカへ補給船団を送るM41作戦で出撃中にイギリス潜水艦アージの雷撃を受け、魚雷1本が命中し損傷。

1942年には「Gufo」E.C.4 レーダーを装備する最初のイタリア戦艦となる。

ヴィットリオ・ヴェネトは地中海で56回の作戦活動に参加し、その内の11回は索敵攻撃任務であった。

1943年9月8日の休戦後、ヴィットリオ・ヴェネトはエジプトに派遣され、スエズ運河グレートビター湖で抑留された。ヴィットリオ・ヴェネトが連合国軍と共にフランス南部および太平洋で戦闘に参加するという提案は、政治的・運用上の配慮により実現しなかった。

第二次世界大戦後、ヴィットリオ・ヴェネトは賠償艦としてイギリスに回航されたが、その後イタリアに返還され、1948年に除籍された後も長期間保管されていたが、1960年にスクラップとして廃棄された。

参考文献[編集]

  • 「世界の艦船増刊第41集 イタリア戦艦史」(海人社)

外部リンク[編集]