ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦
Littorio class battleship.png
艦級概観
艦種 戦艦
艦名
前級 カイオ・ドゥイリオ級戦艦
次級
性能諸元
排水量 基準 41,177 トン、満載 45,963 トン
全長 224.5 - 237.8 m
全幅 32.43 m、32.9 m
吃水 10.44 m(常用荷重時)
機関 ヤーロー缶8基、4軸推進、140,000 hp
最大速力 31.50ノット (58 km/h)(公試時)
29ノット (54 km/h)(常用荷重)
航続距離 3,920海里/20ノット (37 km/h)時
乗員 1,920名
兵装 50口径38.1cm砲3連装3基9門
55口径15.2cm砲3連装4基12門
50口径9cm砲単装12基12門
54口径37mm高射機関砲連装10基20門
65口径2cm機銃単装20基20門
装甲
搭載機 3

ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦 (Classe Vittorio Veneto) あるいはリットリオ級戦艦 (Classe Littorio) は、イタリア海軍戦艦。 前期2隻はワシントン海軍軍縮条約における代艦建造規定に基づき、後期2隻は純然たる増強分として建造された。

本級は1930年代にフランス海軍ダンケルク級戦艦リシュリュー級戦艦への対抗として開発され、1940年から就役を開始した。その建造はムッソリーニの考える新ローマ帝国による地中海支配の一環であった。

設計[編集]

本級は主要海軍国で建造した近代型戦艦の嚆矢で、基本的にはカヴール級の拡大改良型である。リットリオヴィットリオ・ヴェネトに続いて建造されたローマインペロは前2隻の実績を取り入れて設計が一部改められており、資料によってはローマ級とするものもある。当時新造戦艦の基準排水量は35,000tに抑えられており、本級も当初はこの排水量で計画されたが、結果的には41,000t強となった(公称は35,000t)。主砲は38.1cmと控えめだが50口径、高初速とし、威力は40.6cm砲に劣らなかったという。また艦尾の3番砲塔がかなり高い位置にあるのは、射撃時に艦尾にある搭載水偵を損傷しない為であった。

主機出力は速力30ktを発揮する為に140,000馬力の4軸推進となったが、一箇所の被弾で推進力を失わないように、缶室を挟んで前機室(外舷機室)、後機室(内舷機室)を設けている。舷側の水線下防御は、改装後のカヴール級と同様に、艦内舷側に水中爆発の衝撃を吸収する(事を企図したものの実際はかえって衝撃を増幅する欠点がある)大きな円筒を設けたプリエーゼ方式である。ただし、水線部装甲は対38cm徹甲弾防御として250mmの中間区画をおいて外側70mm被帽破壊用硬化鋼、内側280mmのKC甲鉄、計350mmの装甲を11度傾斜して装備している。艦首は造波抵抗を軽減するために球状艦首を採用した。しかし、これについては航行時に振動が発生してよくないとされ、竣工後に艦の長さを1.5m延長している。

バランスの取れた兵装と高速航行できる性能から、本級は第二次世界大戦の戦艦ではビスマルク級戦艦リシュリュー級戦艦と並ぶヨーロッパきっての名艦となるはずだったが、燃料不足や上層部の戦意不足により消極的な運用に終始した結果、さしたる活躍もせずに降伏を迎えて終わった。1943年には連合軍の空襲によって損傷を受け、さらにローマはドイツ軍からも攻撃を受け、フリッツXの攻撃によって爆沈してしまった。

更に設計段階で活動範囲が地中海方面限定に近い形になったため、他の列強の戦艦類に比べて航続距離が短く、4000海里以下であった。イタリア降伏後に連合軍では本級の高速能力を活かした空母部隊護衛も考えられたが、航続距離が短いため(日本大和型戦艦は、7200海里)に不適とされたように、航続距離の短さが本級の価値を落としていることも否めないとされている。

この使い勝手の悪さ、および平時維持費の高さがネックとなり、本級は旧式のカイオ・ドゥイリオ級よりも先に廃艦となり、あるいは賠償艦として連合国に引き渡されてしまった。

艦形[編集]

本級の艦形図。[1]

本艦の船体形状は艦首から第三主砲塔下部まで全く傾斜(シア)のない甲板が続く長船首楼型船体を採用している。艦首甲板上に新設計の「OTO 1934年型 38.1cm(50口径)砲」を三連装砲塔に収め、1番・2番主砲塔を背負い式に2基を配置、その後にプリエーゼ造船士官の考案による直径の異なる円筒を積み重ねたような特徴的な塔型艦橋が立つ。艦橋の構成は上から装甲射撃方位盤室、上下2段に重ねられた装甲7.2m測距儀塔、戦闘艦橋、操舵艦橋の順で、艦橋全体が装甲で覆われているために司令塔は設けられていない。艦橋の後部にはアンテナ線を展開するためのポール・マストが立ち、船体中央部に頂上部にファンネル・キャップを持つ2本煙突が立つ。2番煙突の後部から艦載艇置き場となっており、円筒を積み重ねたような形状の後部艦橋の基部に付いたクレーン1基により運用された。なお、この時期のイタリア海軍は大型のゴムボートを艦載艇の一部として運用しており、これを後檣の基部に立てかけたり、副砲塔の上に置いて甲板スペース節約に努めていた。

3番主砲塔はタービン・シャフトをクリアするために最上甲板の終端部に一段高められて後向きに1基が配置され、そこから甲板一段分下がった後部甲板上に水上機射出用のカタパルト1基と水上機用のクレーン1基が配置された。本艦の副砲の「OTO 1936年型 15.2cm(55口径)速射砲」を新設計の三連装砲塔に収め、艦橋と3番主砲塔の側面部に1基ずつの計4基を配置していた。艦首側副砲塔の後方の舷側甲板上に「Ansaldo and OTO 1939年型 9cm(50口径)高角砲」が断片防御程度の装甲で出来た円筒形の防盾を付けられた単装砲架で片舷6基ずつ計12基を配置していた。この武装配置により艦首方向に最大で38.1cm砲6門、15.2cm砲6門を、舷側方向に最大で38.1cm砲9門、15.2cm砲6門、9cm砲6門を、艦尾方向に最大で38.1cm砲3門、15.2cm砲6門を指向できた。舵は主舵を中央に1枚と副舵を外軸と内軸の間に1枚ずつの計2枚を配置していた。

武装[編集]

主砲[編集]

写真は「ローマ」にも搭載された38.1cm主砲塔

本艦の主砲はOTO(Odero-Terni-Orlando )社の新設計の「OTO 1934年型 38.1cm(50口径)砲を採用した。その性能は重量885kgの砲弾を最大仰角35度で44,640mまで届かせることが出来、射程28,000mで舷側装甲380mmを、射程18,000mで舷側装甲510mmを貫通可能であった。砲塔の俯仰能力は仰角35度・俯角5度である、旋回角度は船体首尾線方向を0度として左右120度の旋回角度を持つ。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。発射速度は毎分1.3発である。

副砲・その他備砲[編集]

写真は同型艦の「ローマ」。15.2cm三連装砲塔に挟まれるように配置された9cm高角砲がよく判る写真

副砲は前級の「カイオ・デュイリオ級」よりも更に口径がアップしているがこれは従来の口径ではフランスの大型駆逐艦には対抗できても、軽巡洋艦を駆逐するには不十分であるとの判断であるとともに、このくらいの口径でも発射速度がよく軽量な砲が開発できるようになった為である。主砲と同じくOTO社の新設計の「OTO 1936年型 15.2cm(55口径)速射砲」を採用した。なお、この砲は他に軽巡洋艦ルイージ・ディ・サヴォイア・デュカ・デグリ・アブルッツィ級」の主砲にも採用されている。その性能は重量50kgの砲弾を最大仰角45度で25,740mまで届かせることが出来た。砲塔の俯仰能力は仰角45度・俯角5度である、旋回角度は240度の旋回角度を持つ。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。装填角度は仰角20度から俯角5度の間で装填できる自由角装填式で発射速度は毎分4~5発である。

他に対空火器として「Ansaldo and OTO 1939年型 9cm(50口径)高角砲」を採用した。この砲は近代化改装後の「カイオ・ドゥイリオ級」のにも採用されている優秀砲である。その性能は重量10kgの砲弾を仰角45度で13,000mまで、最大仰角75度で最大射高10,800mまで届かせることが出来た。砲架の俯仰能力は仰角75度・俯角5度で、旋回角度は舷側方向を0度として左右120度の旋回角度を持っていた。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。発射速度は毎分12発である。

近接火器としては「1938年型 3.7cm(54口径)機関砲」を連装砲架で10基装備した。他に「2cm(65口径)機関砲」を連装砲架10基装備した。他に、照明弾や礼砲用にアームストロング社の設計を購入して国産化した「アームストロング 1892年型 12cm(40口径)砲」を採用した。その性能は重量20.4kgの砲弾を仰角20度で9,050mまで届かせることが出来た。砲架の俯仰能力は仰角20度・俯角5度で、旋回角度は360度の旋回角度を持っていた。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に人力を必要とした。発射速度は毎分5~6発である。これを、防盾をつけて単装砲架で舷側中央部に片舷2基ずつ計4基を装備した。

防御[編集]

本級の断面図。特徴的なプリエーゼ式水雷防御の構造が良く判る。

本艦の最大装甲厚は水平甲板が合計207mm、垂直防御が8度傾斜させた合計350mmで今までのイタリア戦艦に比べて防御力は桁違いである。しかし、舷側防御は同時期の新戦艦ではイギリス海軍の「ネルソン級」の356mmに次いで厚い350mmを誇るが、これは完全な一枚板ではなく、硬めの70mm装甲と280mm装甲の間に50mmの木材をクッションとして挟むという、「複合装甲」と呼べる形式を採っている。既存艦のように何故に一枚板にしなかったかと言うと、この時代で300mm以上の厚さの均質な性能を持った装甲板を作るのはイタリアの工業能力では難しかったためである。 考え方としては硬質な70mm装甲で砲弾の被帽を破壊し、木材で弾速を緩め、本命の280mm装甲で砲弾を止めるという 理論であった。また、多くの戦艦が副砲を防御のアキレス腱にしているのに対し、イタリアは副砲の防御を旧世代の主力艦並である280mmもの装甲を与えることで解決しようとした。しかし、主砲弾薬庫と副砲弾薬庫を離すスペースが足らなかったために、後に三番艦「ローマ」がフリッツX2発を被弾した時に2発目が副砲と主砲の間に命中、主甲板装甲を貫通して爆裂し延焼を始めたときに双方の火薬庫が熱を持ち、艦の爆発を早めた結果になっている。

機関[編集]

機関出力は130,000hpを発揮し、4万トンを超える船体を戦闘速力30ノットで走らせる事ができた(公試では31.4ノット)。航続性能は14ノットで4200海里と駆逐艦並の航続性能しかなかったが、他国と異なり、イタリアは地中海の中央部に位置する事から地中海という狭い海域だけで行動できればよしとされたので、設計段階で燃料タンク自体の大きさを小さくして浮いた重量を武装や防御に回した結果であった。これは、列強他国にはないイタリア海軍だけの特徴である。

同型艦[編集]

4隻が起工され、3番艦「インペロ」以外の3隻が就役している。

艦級名及び1番艦・2番艦について[編集]

ヴィットリオ・ヴェネトとリットリオは同日(1934年7月10日)に発注され、同日(1934年10月28日)に起工したが、進水及び就役はヴィットリオ・ヴェネトのほうが先であった。日本語の文献においては、ヴィットリオ・ヴェネトを1番艦、リットリオを2番艦と定義して艦級名もヴィットリオ・ヴェネト級と分類しているものが多い[2][3]。 しかしながら、現在のイタリア海軍公式webページにおける艦艇紹介ページではリットリオ級との分類が行われており[4]、イタリア語や英語の文献においてもリットリオ級と分類されている。第二次世界大戦中のアメリカ海軍もリットリオ級と分類していた。したがって日本語においてもリットリオ級と分類されることもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アメリカ海軍が本級をリットリオ級と分類していたことが分かる。
  2. ^ 世界の艦船増刊 イタリア戦艦史 通巻第485集 増刊第41集」[1]
  3. ^ 歴史群像112号(2012年4月号)」内『銘艦STORY』
  4. ^ [2] - Corazzate e Navi da Battaglia Almanacco storico navale

外部リンク[編集]