リットリオ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bundesarchiv Bild 183-S54286, Italien, Schlachtschiff "Littorio".jpg
艦歴
発注:
起工: 1934年10月28日
進水: 1937年8月22日
就役: 1940年5月6日
退役:
その後: スクラップとして廃棄
除籍: 1948年6月1日
性能諸元
排水量: 基準 43,835 トン、
満載 45,963 トン
全長: 224.5 - 237.8 m
全幅: 32.9 m
吃水: 10.5 m
機関: 8缶、4軸推進、140,000 hp
最大速: 31.50ノット (58 km/h)
兵員: 1,920名
兵装: 50口径381mm砲9門
55口径155mm砲12門
50口径90mm砲12門
50口径37mm砲20門
65口径20mm砲30門
艦載機: 3機

リットリオ (Littorio) は、イタリア海軍戦艦ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦の2番艦。

艦名の“Littorio”とは古代ローマで、権力と結束のシンボル「ファスケス」を担っていた役職「リクトル(ラテン語Lictor)」のイタリア語表記で、それより転じて公権力の象徴、結束の旗手を意味する。

また、ファスケスは国家ファシスト党のシンボルでもあり、三つ並んだファスケスは、ファシズム体制下イタリアの国家標識でもあった。

艦歴[編集]

リットリオはジェノヴァアンサルド造船所で1934年10月28日に起工する。1937年8月22日に進水し、イタリアがフランスおよびイギリスとの戦争開始後の1940年5月6日に竣工した。

1940年8月31日から9月2日、リットリオは大規模なイタリア艦隊の一員としてハッツMB3作戦参加中のイギリス海軍部隊迎撃に出撃したが、戦闘は発生しなかった[1]。同様のことは9月29日から10月1日のイギリス軍のMB5作戦のときにもあった[2]

11月11日のタラント空襲でリットリオには3本の魚雷が命中、修理に5ヶ月を要する損傷を負った。

修理完了後、1941年9月27日にマルタへ補給物資を輸送する連合国船団アルバート攻撃に参加。12月17日、第1次シルテ湾海戦に参加。リットリオは北アフリカへ補給物資を輸送するM42船団の遠距離護衛部隊に配属されており、その部隊がマルタへ向かうイギリス船団の護衛と交戦した。

1942年1月3日、リットリオはM43船団支援の任務についた。3月22日、第2次シルテ湾海戦に参加。リットリオはイギリスのマルタ行き船団攻撃に向かった部隊の旗艦であった。海戦中、リットリオは主砲により駆逐艦ハヴォックキングストンに命中弾を与えた。6月15日、マルタへ向かうヴィガラス船団の迎撃に向かう。その帰路、イギリス軍ビッカース ウェリントンの攻撃で魚雷1本が命中した。

1943年7月30日、イタリア (Italia) と改名される。9月8日にイタリアと連合国との休戦が成立すると、翌日イタリア艦隊は連合国に降伏。マルタへ向かったがその途中でフリッツXを搭載したドイツ軍Do 217の攻撃を受けた。イタリアは前部主砲の右舷側に被弾し、同じく被弾した同型艦のローマは沈没した[3]。その後戦争の終わりまでイタリアはエジプトのグレートビター湖にとどまっていた。

リットリオは46回の作戦活動に参加し、その内の9回は索敵攻撃任務であり、3回は護衛任務であった。

第二次世界大戦後、イタリアは賠償艦としてアメリカ合衆国に回航され、1948年にスクラップとして廃棄された。

脚注[編集]

  1. ^ Bagnasco and de Toro, The Littorio Class, 167-169
  2. ^ Bagnasco and de Toro, The Littorio Class, 170-172
  3. ^ Garzke and Dulin, Axis and Neutral Battleships, 407

参考文献[編集]

  • Bagnasco, Erminio; de Toro, Augusto (2010). The Littorio Class. S Yorkshire: Seaforth Publishing. ISBN 978-1-59114-445-8. 
  • Garzke, William H.; Dulin, Robert O. (1985). Battleships: Axis and Neutral Battleships in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-101-3. OCLC 12613723. 

外部リンク[編集]