インペロ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
発注:
起工: 1938年5月14日
進水: 1939年11月15日
就役: 未就役
退役:
その後: 1949年から解体
除籍:
性能諸元
排水量: 46,215トン(計画)
全長: 227.5 - 240.7 m
全幅: 32.9 m
吃水:
機関:
最大速:
兵員: 1,920名(計画)
兵装:

インペロ (Impero) は、イタリア海軍ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦。同級の3番艦であり、艦名はイタリア語帝国を意味する単語である。

艦歴[編集]

インペロはジェノヴァアンサルド社で1938年5月14日に起工[1]。アンサルド社は進水1939年10月15日としていたが、宣伝上の理由によりローマ進軍の日にあたる10月18日に延期され、さらに悪天候のために2度延期されて最終的に1939年11月15日に進水した[2]。イタリアの第二次世界大戦参戦が迫ると、ジェノバは攻撃を受ける危険があることからトリエステへ移してインペロの艤装を行うことが決定された[2]。出発は1940年5月31日の予定であったが天候不良のため24時間延期され、6月1日にインペロは曳航されトリエステへ向け出発した[2]。だが、イタリア参戦の予定日までにトリエステにたどり着けないことから途中で目的地がブリンディジに変更され、6月9日に到着した[3]。その後、インペロはブリンディジで自力航行が可能なようにしてからトリエステへ移すことが決定された[4]。1942年1月22日、インペロはブリンディジを離れ、自力でまずドック入りするためヴェネチアへ向かった[5]。ヴェネチアには翌日到着したが、インペロ建造の優先順位が最低とされたことから10ヶ月間ヴェネチアにとどまることになった[6]。1942年11月15日にヴェネチアからトリエステへ移ったが、工事の進みは遅く連合国軍のイタリアへの侵攻が迫ると1943年4月4日にインペロの工事も中断された[7]。その時点での完成度は船体が88パーセント、機関が76パーセント、艤装は28パーセントであった[7]。イタリアが連合国と休戦すると、1943年9月9日にインペロはドイツの手に渡った[8]。ドイツはインペロの装備品を取り外し、また船体を爆薬の試験に用いた[8]。1945年2月20日には空襲で損傷した[8]。トリエステを放棄する際、ドイツ軍はインペロの船体に爆薬をしかけ、それによりインペロは着底した[8]

戦後の1946年7月にインペロは港のスペースを空けるため一度引き揚げられて移動させられた[8]。1947年3月27日には除籍されC320と言う名称が与えられた[8]。元インペロの船体は1947年9月に再び浮揚され、解体のため曳航されて9月14日にヴェネチアへ向け出発[9]。9月15日に到着したが入港時に何度も座礁し、航路をふさぎそうになったため航路外に座礁させられて動かないようにされ、そのまま1年以上放置された[10]。1949年に引き揚げられ、解体された[11]

インペロが計画通り完成していた場合、同級の3隻に比べ全長、排水量共に最大となるはずであった[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ The Littorio Class, p.46
  2. ^ a b c The Littorio Class, p.154
  3. ^ The Littorio Class, p.155
  4. ^ The Littorio Class. p.156
  5. ^ The Littorio Class, p.157
  6. ^ The Littorio Class, p.158
  7. ^ a b The Littorio Class, p.159
  8. ^ a b c d e f The Littorio Class, p.160
  9. ^ The Littorio Class, pp.160-161
  10. ^ The Littorio Class, pp.162-163
  11. ^ The Littorio Class, p.163

参考文献[編集]

  • Erminio Bagnasco, Augusto de Toro, The Littorio Class Italy's Last and Largest Battleships 1937-1948, Seaforth Publishing, 2011, ISBN 978-1-84832-105-2

外部リンク[編集]

  • Impero本艦の写真とスペックがあるページ。(イタリア語)