グレートビター湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレートビター湖 (GBL)
位置 北緯30度20分 東経32度23分 / 北緯30.333度 東経32.383度 / 30.333; 32.383座標: 北緯30度20分 東経32度23分 / 北緯30.333度 東経32.383度 / 30.333; 32.383
流入河川 スエズ運河
流出河川 スエズ運河
流域国 エジプト
水面の標高 0 m (0 ft)
湖沼型 塩湖
テンプレートを表示

グレートビター湖英語: Great Bitter Lake, アラビア語: البحيرة المرة الكبرى‎)は、エジプト・アラブ共和国の北東部に位置する塩湖スエズ運河の一部を形成し、スモールビター湖英語版と隣接している。運河開削前は塩類平原英語版であった。面積は、スモールビター湖と合わせて250平方キロメートル。スエズ運河を北に向かうとマンザラ湖アラビア語版ティムサーハ湖アラビア語版がある。

運河が閉鎖されていない時は、地中海紅海海水が自由に行き来し、干上がることは無い。またグレートビター湖は、スエズ運河において潮流の影響を緩和させる緩衝地帯の役割を果たしている。

1945年2月14日フランクリン・ルーズベルト米国大統領は、ヤルタ会談終了後に当地を訪れ、湖上のアメリカ海軍重巡洋艦クインシーサウジアラビアアブドゥルアズィーズ・イブン=サウード国王と会談した。しかし、この会談の内容については記録が残されていない[1]

1967年第三次中東戦争ではスエズ運河が閉鎖され、取り残された14隻の船が1975年までグレートビター湖に閉じ込められることとなった。これらの船は、すぐに甲板砂漠の砂に覆われてしまったため、黄色い船団英語版と呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ Klare, Michael, Blood and Oil, NY, Henry Holt, 2004, P35,218

外部リンク[編集]