スエズ運河会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スエズ運河会社(スエズうんががいしゃ、フランス語: Compagnie universelle du canal maritime de Suez、略してCompagnie de Suez)は、1858年にフェルディナン・ド・レセップスが設立し、1859年から1869年までかけてスエズ運河を建設し、その後長年にわたって運河を保有し運営したエジプトの会社である。国際スエズ運河会社万国スエズ運河会社などとも呼ばれる。当初は、フランスの民間投資者が過半の出資を行っており、エジプト側もかなりの出資をしていた。

1863年にイスマーイール・パシャがエジプトとスーダンのワーリー(エジプト総督)に就任した際、前任のサイード・パシャが会社に与えた免許を認めることを拒否した。この問題は1864年のナポレオン3世による調停にゆだねられ、当初の免許をイスマーイールの要求にしたがって変更することに伴って会社が被る損害の補償として380万ポンドを支払うことになった。1875年に財政危機に見舞われたイスマーイールは、彼の会社の持ち分をわずか397万6582ポンドでイギリス政府へ売却することになった。 スエズ運河会社は、1956年にエジプトのガマール・アブドゥン=ナーセル大統領が国有化するまで運河を運営した。この国有化事件は、第二次中東戦争(スエズ動乱)の原因となった。

会社自体は、何回もの合併を経て、国際コングロマリットGDFスエズとして現存している。

歴代社長一覧[編集]

  • フェルディナン・ド・レセップス (1855年 - 1894年12月7日)
  • ジュール・ギシャール (Jules Guichard) (1892年12月17日 - 1896年12月17日、1894年12月7日まではレセップスの代理)
  • オーガスト=ルイ=アルベリク (Auguste-Louis-Albéric) (1896年8月3日 - 1913年)
  • シャルル・ジョンナール (Charles Jonnart) (1913年5月19日 - 1927年)
  • ルイ・ド・ヴォギュエ (Louis de Vogüé)[1] (1927年4月4日 - 1948年3月1日)
  • フランソワ・シャルル=ルー (François Charles-Roux) (1948年4月4日 - 1956年7月26日)

脚注[編集]

  1. ^ 孫のPierre de Vogüéはラファージュの重役。ヒラリー・クリントンのパートナーでもあった。 広瀬隆 『地球のゆくえ』 集英社 1994年 系図15 ロマノフ家とロスチャイルド家の兄弟関係

外部リンク[編集]