ポンタ=ムッソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pont-à-Mousson
Blason Pont-à-Mousson 54.svg
Moselle Pont-a-Mousson.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ロレーヌ地域圏Blason Lorraine.svg
(département) ムルト=エ=モゼル県Blason département fr Meurthe-et-Moselle.svg
(arrondissement) ナンシー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 54431
郵便番号 54700
市長任期 アンリ・ルモワヌ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays de Pont-à-Mousson
人口動態
人口 14,333人
2008年[1]
人口密度 664人/km²
住民の呼称 Mussipontain
地理
座標 北緯48度54分19秒 東経6度03分17秒 / 北緯48.9052777778度 東経6.05472222222度 / 48.9052777778; 6.05472222222座標: 北緯48度54分19秒 東経6度03分17秒 / 北緯48.9052777778度 東経6.05472222222度 / 48.9052777778; 6.05472222222
標高 平均:m
最低:172 m
最高:382 m
面積 21.60km² (2 160ha)
Pont-à-Moussonの位置
Pont-à-Mousson
公式サイト www.ville-pont-a-mousson.fr
テンプレートを表示

ポンタ=ムッソンPont-à-Mousson)は、フランスロレーヌ地域圏ムルト=エ=モゼル県コミューン

地理[編集]

ロレーヌの心臓部に位置するポンタ=ムッソンは、標高382mのムッソン山のふもと、ナンシーメスの中間地点に位置する。かつてはバル公爵の本拠地だった。

歴史[編集]

古代、モーゼル川を渡る主要貿易道は現在よりさらに南、デュールアールの位置にあった。この地にあった橋の前身は跡形もなく消えてしまっている。

10世紀初頭、この地はムッソン領主であるバル伯爵が所有していた。伯爵はムッソン山のふもとでモーゼル川に架かる橋を建設し、川沿いのこの交差地点はトゥール司教領、ロレーヌの首都たるナンシー、メス司教領からの数少ない街道であった。1230年代より村は発展した。地名は橋の名をとりポンタ=ムッソン(Pont-à-Mousson)となった。

ポンタ=ムッソンを創設したのは正式にはバル伯ティエボー2世(fr)で、1261年のボーモン法(fr)によってである[2]。町はその後神聖ローマ帝国領となった。市議会議長を頭とし、7人の陪審員、18人の司法監察官からなっていた。町は4つの教区に分かれていた。1353年、神聖ローマ皇帝カール4世はバル伯ロベール1世に侯爵を授爵し、帝国議会に議席を持つ帝国諸侯とした。ポンタ=ムッソンは、歴代のバル公爵たち(アンジュー家、のちロレーヌ家)から様々な特権を与えられた。ロレーヌ公国がポンタ=ムッソンを併合してから、ポン侯爵の称号はロレーヌ公の公位継承予定者(prince héréditaire de Lorraine)が持つこととなった。

1572年、枢機卿シャルル・ド・ロレーヌは、イエズス会の申し立てのとおり大学を設置した。プロテスタントのドイツを眼前にすえ、それでもフランスのふところにありながら揺れ動く神聖ローマ帝国の中にあり、ムッソン周辺とロレーヌ公国はユグノー戦争対抗宗教改革で地位を固めた。

17世紀、ポンタ=ムッソン大学は学生数2000人を抱える規模に成長していた。大学には哲学、美術、法律、薬学の4学部があった。学生たちは西欧や中欧から、学問の仕上げのためやってきていた。

1768年、ロレーヌ公国とバル公爵領はフランスへ併合された。ルイ15世はポンタ=ムッソン大学をナンシーへ移した。しかしポンタ=ムッソンは、エピナルと競争しながら芸術分野で輝き続けた。紙粘土工場は都市の文化発展に貢献していた[3]

第一次世界大戦中のポンタ=ムッソンは、恐ろしく悲劇的な戦争の舞台となった。また、パットン将軍率いるアメリカ陸軍第3師団に解放されるまでの激しい戦闘で、ポンタ=ムッソンはひどく損傷した。

鉄鋼業[編集]

ポンタ=ムッソンの鉄鋼工場は1856年に完成し、2つの高炉を持っていた(燃料は木材か石炭であった)。他の2つの炉は1日あたり5トンから6トンと生産率が低かった。1869年、銑鉄を24000トン、鋳物を7000トン生産した。1894年には5つの高炉が設置され、第一次世界大戦前夜まで稼動した。

工場は第二次世界大戦の前後で5つの高炉を持っている。1964年にはもはや4つの溶鉱炉しかなかった。現在は3つの高炉が生産を行っている。

みどころ[編集]

デュロック広場のパノラマ
  • メゾン・ド・セプト・ペシェ・カピトー(ルネサンス時代)
  • コミューン庁舎(ルイ16世様式)
  • ポンタ=ムッソン修道院(プレモントレ派)
  • サン=マルタン教会
  • サン=ローラン教会

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Populations légales 2008 de la commune : Pont-à-Mousson sur le site de l'Insee
  2. ^ Pierre Lallemand, Pont-à-Mousson : au coeur des rues, la mémoire d'une ville, 1994, p. 11
  3. ^ Cf. Musée au fil du papier