ロレーヌ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロレーヌ家フランス語:Maison de Lorraine, ドイツ語:Haus Lothringen)は、ヨーロッパ貴族の家系の1つ。元来はロレーヌを統治した公爵家であったが、18世紀ハプスブルク家と合体してハプスブルク=ロートリンゲン家となったことでヨーロッパ史上において重要かつ最も長きにわたって統治した王家の一つとなった[1] 。現在当主はカール・ハプスブルク=ロートリンゲンオーストリア皇帝ハンガリークロアチアボヘミアガリツィア・ロドメリアイリュリアの王及びエルサレム国王の称号を有する[2]

祖先[編集]

アルデンヌ=メッツ家[編集]

ロレーヌ家はジェラール家として知られるパリ伯ジェラール1世779年没)の子孫であると主張した。 10世紀マートフリード家から分かれたと考えられるが[3]、この時代に一族はメッツ伯となり、アラス 及びロレーヌの支配者となった。アレクサンドル・デュマの小説『モンソローの奥方』(1846年)で描かれているように、ルネサンス時代にはロレーヌ公は自らの祖先がカロリング朝であると仮冒する主張の傾向が見られたが[4]、実際のところは初期世代に関する文書が余りにもわずかであるために、アラス家の創始者の家系の復元はかなりの量の憶測が含まれている[3]

より確実に現れるのは1048年神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世上ロレーヌ公国を最初にメッツ伯アダルベールに、次にジェラールに与えた時であり、その後継者(集合的にはアラス家ないしシャトノワ家として知られている)は1431年シャルル2世が死ぬまで保持してきた[5]

ヴォーデモン家とギーズ家[編集]

1453年から1473年にかけての間に、公国はシゃルル2世の娘イザベルの権利から、その夫であるヴァロワ=アンジュー家ルネ・ダンジューの手に渡った。後にシャトノワ=ロレーヌ家の分家であるヴォーデモン家出身のルネ2世のもとに戻り、ルネ2世は外祖父であるルネ・ダンジューが保持していたバル公位も継承した[6]。ルネ2世の長男アントワーヌはロレーヌを継承、次男のクロードフランスフランソワ1世からギーズ公に叙爵されギーズ家を興した。

ユグノー戦争中はヴォーデモン家の分枝であるギーズ家の台頭が目立ち、この一門はフランスの政治に力を及ぼし、フランス国王アンリ3世治世下の後期ではフランス王位継承にも迫った[7]。アンリ3世の兄フランソワ2世の王妃でもあったスコットランド女王メアリー・ステュアートの母であるメアリー・オブ・ギーズはギーズ公クロードの長女であった。

ブルボン朝下ではギーズ家は1688年に本流が断絶、分家はエルブフ公として存続し、フランスにおける高位の貴族の一つとして生き残ったが、一方のヴォーデモン家はロレーヌ公及びバル公として独立を維持した。しかし、ルイ14世の帝国主義的な野心(1669年から1697年にかけてのロレーヌ占領も含まれる)は、ロレーヌ公とハプスブルク家の神聖ローマ皇帝との永続的な同盟を余儀なくさせた。

ハプスブルク=ロートリンゲン家[編集]

皇帝ヨーゼフ1世及びカール6世が男子の後継者を残すことに失敗した結果、1713年国事勅書で、未だ生まれていなかった後のマリア・テレジアに家督を継がせることにした。 1736年にカール6世は娘のマリア・テレジアとフランツ・シュテファンを、先祖代々の土地であるロレーヌとトスカーナ及びチェシンの交換の同意を取り付けた上で結婚させる準備を整えた。

1740年にカール6世が死去すると、ハプスブルク家の領地はマリア・テレジア、フランツ(後に皇帝フランツ1世となる)夫妻の手に渡った。ハプスブルク・ロレーヌ両家の婚姻は王朝の合同を促し、オーストリア継承戦争を生き延びることとなった。フランツ、マリア・テレジア夫妻の娘であるマリア・アントーニアマリア・カロリーナはそれぞれフランスナポリシチリアの后妃となり、息子のヨーゼフ2世レオポルト2世は相次いで帝位を継承した。

オーストリアハンガリーボヘミアの王冠領を含むハプスブルク家の領域の中心を除き、ハプスブルク=ロートリンゲン家のいくつかの分家はトスカーナ1860年まで)、パルマ1847年まで)、モデナイタリア諸国を統治した。一族の一人マクシミリアンメキシコ皇帝となっている。

1900年オーストリア大公フランツ・フェルディナント(当時はオーストリア=ハンガリーの推定相続人)はボヘミアの貴族令嬢ゾフィー・ホテクとの貴賤結婚での婚約を結んだ。2人の子孫であるホーエンベルク家はオーストリア=ハンガリーの帝位継承資格から外されているが、ロレーヌに関しては貴賤結婚は非合法化されたことはない。にもかかわらず、フランツ・フェルディナントの弟オットー・フランツの子孫の、皇帝カール1世、その皇太子だったオットー・フォン・ハプスブルク、その長男カール・ハプスブルク=ロートリンゲンの系統が通常は一族の家長と見做されている[8]。オットーは1951年にかつてのヴォーデモン家の拠点であったナンシーザクセン=マイニンゲン公女レギーナと結婚している[2]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
ジェラール・ド・ブゾンヴィル
メス伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベール1世
フランドル伯
 
アダルベール・ダルザス
ロレーヌ公
 
ジェラール・ダルザス
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェルトリュード・ド・フランドル
 
ティエリー2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェラール[9]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモン1世
ロレーヌ公
 
ティエリー
フランドル伯
 
 
 
スティーヴン
イングランド王
ブローニュ伯
 
マティルド1世
ブローニュ女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マチュー1世
ロレーヌ公
 
フィリップ
フランドル伯
 
マチュー
ブローニュ伯
 
マリー
ブローニュ女伯
 
マルグリット
フランドル女伯
 
ボードゥアン5世
エノー伯
フランドル伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモン2世
ロレーヌ公
 
フェリー1世
ロレーヌ公
 
イド
ブローニュ女伯
 
ルノー
ダンマルタン伯
ブローニュ伯
 
イザベル・ド・エノー
フランス王妃
 
ボードゥアン1世
ラテン皇帝
エノー伯
フランドル伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェリー2世
ロレーヌ公
 
 
 
マティルド2世
ポルトガル王妃
ダンマルタン女伯
ブローニュ女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティボー1世
ロレーヌ公
 
マチュー2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェリー3世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティボー2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェリー4世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラウール
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン1世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
アンリ5世
ヴォーデモン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル2世
ロレーヌ公
 
フェリー1世
ヴォーデモン伯
 
マルグリット・ド・ジョアンヴィル
ヴォーデモン女伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルネ・ダンジュー
ナポリ王
ロレーヌ公
 
イザベル
ロレーヌ女公
 
 
 
アントワーヌ
ヴォーデモン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン2世・ダンジュー
ロレーヌ公
 
ヨランド・ダンジュー
ロレーヌ女公
 
フェリー2世
ヴォーデモン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニコラ・ダンジュー
ロレーヌ公
 
 
 
ルネ2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントワーヌ
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クロード
ギーズ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ1世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニコラ
メルクール公
 
 
 
 
 
ギーズ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル3世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
ルイーズ
フランス王妃
 
フィリップ=エマニュエル
メルクール公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
フランソワ2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
フランソワーズ
メルクール女公
 
セザール・ド・ブルボン
ヴァンドーム公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニコル
ロレーヌ女公
 
シャルル4世
ロレーヌ公
 
クロード
 
ニコラ2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェルディナント3世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル・アンリ
 
フェルディナン・フィリップ
 
シャルル5世
ロレーヌ公
 
エレオノール・ドートリッシュ
 
ミハウ
ポーランド王
 
 
 
 
 
レオポルト1世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル・トマ
 
 
 
 
 
レオポルト
ロレーヌ公
 
シャルル=ジョゼフ
 
 
 
 
 
ヨーゼフ1世
神聖ローマ皇帝
 
カール6世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランツ1世
ロレーヌ公
トスカーナ大公
神聖ローマ皇帝
 
 
カール・アレクサンダー
 
 
エリザベート・テレーズ
サルデーニャ王妃
 
 
マリア・テレジア
ハンガリー女王
ボヘミア女王
 
 
マリア・アンナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハプスブルク=ロートリンゲン家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注と参考文献[編集]

  1. ^ Benjamin Arnold. Princes and Territories in Medieval Germany. Cambridge University Press, 2004. ISBN 0521521483. Pages 263–264.
  2. ^ a b Gordon Brook-Shepherd. Uncrowned Emperor: the Life and Times of Otto von Habsburg. Continuum International Publishing Group, 2003. ISBN 1852854391. Pages XI, 179, 216.
  3. ^ a b Lorraine, in Foundation for Medieval Genealogy
  4. ^ See Chapter XXI.
  5. ^ William W. Kibler, Grover A. Zinn. Medieval France: an Encyclopedia. Routledge, 1995. ISBN 0824044444. Page 561.
  6. ^ Encyclopedia of the Middle Ages (ed. by André Vauchez). Routledge, 2000. ISBN 1579582826. Page 1227.
  7. ^ Robert Knecht. The Valois: Kings of France 1328–1589. Continuum International Publishing Group, 2007. ISBN 1852855223. Page 214.
  8. ^ Brook-Shepherd also notes that morganatic alliances were not forbidden by ancient Magyar laws. See Brook-Shepherd 179.
  9. ^ René Bastien. Histoire de la Lorraine. Editions Serpenoise, 1995. p.220

関連項目[編集]