カール・ハプスブルク=ロートリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストリアの旗 オーストリアの政治家
カール・ハプスブルク=ロートリンゲン
Karl Habsburg-Lothringen
SKKH Erzherzog Karl von Österreich.jpg
生年月日 1961年1月11日(53歳)
所属政党 オーストリア国民党
親族 オットー・フォン・ハプスブルク(父)
配偶者 フランツェスカ・ティッセン=ボルネミッサ

選挙区 オーストリアの旗 オーストリア
任期 1996年 - 1999年
テンプレートを表示

カール・ハプスブルク=ロートリンゲン(Karl Habsburg-Lothringen, 1961年1月11日 - )は、元オーストリア皇太子オットー・フォン・ハプスブルクの長男。ハプスブルク=ロートリンゲン家の現家長。母はザクセン=マイニンゲン公家の公女レギーナ。全名はKarl Thomas Robert Maria Franziskus Georg Bahnam von Habsburg-Lothringen。ただし現在のオーストリアでは、ハプスブルク家を含めて貴族の称号を「フォン」の名乗りに至るまで一切認めていないため、「カール・ハプスブルク」または「カール・ハプスブルク=ロートリンゲン」が法律上の名前となる。1981年からザルツブルクに在住している。

父オットーはドイツ選出の欧州議会議員であったが(1999年まで)、カールは1996年にオーストリアで欧州議会議員に選ばれた(オーストリア国民党所属。任期は1999年まで)。

オットーの死は2011年であるが、高齢を理由として2007年に家長の座をカールに譲っている。オットーの死により、名目上はカールがオーストリア皇帝ハンガリー国王などの君主位の請求者となっている。

家族[編集]

フランツェスカ・ティッセン=ボルネミッサとの間に1男2女をもうけている。

フランツェスカは王家や旧王家、あるいはそれに準じる古い大貴族の出身ではなく新興の男爵家の娘であり、かつてのハプスブルク家家法の基準では貴賤結婚に相当する結婚であった。しかし、父オットーが一族の中で同意を得て1980年代に基準を緩和していたことから、1993年にカールとフランツェスカが結婚した際にも、フランツェスカや子供たちの権利が制限されることはなかった。そのため、長男フェルディナントハプスブルク=ロートリンゲン家家長の法定推定相続人である。

カール・ハプスブルク=ロートリンゲン
ハプスブルク=ロートリンゲン家


存命中

先代:
オットー
ハプスブルク=ロートリンゲン家家長
2007年 - 現在
次代:
フェルディナント
先代:
オットー
金羊毛騎士団
2000年11月30日 - 現在
次代:
Central-Europe-map.png この「カール・ハプスブルク=ロートリンゲン」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ