カール・ルートヴィヒ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ルートヴィヒ大公(ヨーゼフ・クリーフーバーによるリトグラフ。1862年)

カール・ルートヴィヒ・フォン・エスターライヒ(Karl Ludwig von Österreich, 1833年7月30日 - 1896年5月19日)は、オーストリア帝国の皇族。オーストリア大公。全名はカール・ルートヴィヒ・ヨーゼフ・マリアKarl Ludwig Joseph Maria)。フランツ・カール大公の三男で、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟。フランツ・フェルディナントの父であり、皇帝カール1世の祖父である。

1833年7月30日、フランツ・カールとその妃であったバイエルン王マクシミリアン1世の王女ゾフィーの間に第三子としてウィーンシェーンブルン宮殿で生まれた。

カール・ルートヴィヒは1896年5月19日にシェーンブルン宮殿で死去した。遺骨はウィーンのカプツィーナー教会地下にあるカプツィーナー納骨堂(カイザーグルフト)に収められている。

結婚と子女[編集]

カール・ルートヴィヒは生涯に3度結婚している。最初の妃であるザクセン王ヨハンの王女マルガレーテとは1856年11月4日ドレスデンで結婚したが、2年後に死別。彼女との間に子供は生まれなかった。

2人目の妃は、両シチリアフェルディナンド2世の王女マリア・アンヌンツィアータで、式は1862年10月16日に代理人を介してローマ(当時教皇領)で、10月21日に本人が出席してヴェネツィア(当時オーストリア領)で行なわれた。彼女との間には以下の三男一女をもうけた。

3人目の妃は、ポルトガル王ミゲル1世の王女マリア・テレサで、1873年7月23日クラインホイバッハ(現バイエルン州ミルテンベルク郡)で結婚した。彼女との間には以下の二女をもうけた。