マルガレーテ・フォン・ザクセン (1840-1858)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン王女・オーストリア大公妃マルガレーテ

マルガレーテ・フォン・ザクセン(Margarete von Sachsen, 1840年5月24日 - 1858年9月15日)は、ザクセン王国の王族。ザクセンヨハンの五女で、オーストリア大公カール・ルートヴィヒの一人目の妃となった。全名はマルガレーテ・カロリーネ・フリーデリケ・ツェツィーリエ・アウグステ・アマーリエ・ヨゼフィーネ・エリーザベト・マリア・ヨハンナMargarete Karoline Friederike Cecilie Auguste Amalie Josephine Elisabeth Maria Johanna)。

1840年5月24日ザクセンヨハンとその妃であったバイエルンマクシミリアン1世の娘アマーリエ・アウグステの間に第八子としてドレスデンで生まれた。

1856年11月4日ドレスデンでカール・ルートヴィヒと結婚。

1858年9月15日モンツァ腸チフスのため急逝した。子供はなかった。