マリア・テレサ・フォン・ポルトゥガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・テレサ・フォン・ポルトゥガル

マリア・テレサ・フォン・ポルトゥガルMaria Teresa von Portugal, 1855年8月24日 - 1944年2月12日)は、オーストリア大公カール・ルートヴィヒ(皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟)の3度目の妃。ポルトガル語名マリア・テレザ・デ・ブラガンサ(Maria Teresa de Bragança)。

ポルトガルの廃王ミゲル1世と妻アーデルハイトの次女としてクラインホイバッハで生まれた。父ミゲルは、姪にあたるポルトガル女王マリア2世と王位を争って敗北した経緯から、一家はオーストリア庇護下にあった。

1873年7月、18歳で40歳のカール・ルートヴィヒと結婚する。夫には、2度目の妃マリア・アンヌンツィアータとの間に生まれたフランツ・フェルディナント大公ら三男一女がいたが、継子たちとの関係は非常に良好であった。穏やかな気性のマリア・テレサは、義理の兄に当たる皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に好かれ、たびたび宮殿に呼ばれては老齢の皇帝の話し相手となっていた。のち、皇太子となったフランツ・フェルディナントが、身分の低い貴族出身であるゾフィー・ホテクと結婚するに当たり、激高した皇帝をなだめ、渋々ながら結婚に同意させたのは、マリア・テレサの仲介があったためとも言われた。

義理の孫の一人がのちの皇帝カール1世で、マリア・テレサの元を訪問していた時にカールが会ったのが、のちの皇后、パルマ公女ツィタ(マリア・テレサの妹マリア・アントニアの子)であった。

子女[編集]