マリア・アンヌンツィアータ・フォン・ネアペル=ジツィリエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・アンヌンツィアータ

マリア・アンヌンツィアータ・フォン・ネアペル=ジツィーリエン(Maria Annunziata von Neapel-Sizilien, 1843年3月24日 - 1871年5月4日)は、オーストリア大公カール・ルートヴィヒの2度目の妃。オーストリア帝位継承者フランツ・フェルディナント大公の母。イタリア語名はマリーア・アンヌンツィアータ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ(Maria Annunziata di Borbone-Due Sicilie)。

両シチリア国王フェルディナンド2世と王妃マリーア・テレーザの長女として、カゼルタで生まれた。

1862年10月21日、ヴェネツィアでカール・ルートヴィヒと結婚した。当時すでに両シチリア王国は滅亡し、統一イタリア王国が成立していたが、ヴェネツィアはまだオーストリア帝国領であった。2人は3男1女をもうけた。

1871年、ウィーンで28歳の若さで亡くなった。