ハル・イン・チロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハル・イン・チロル
Hall in Tirol
オーストリアの旗
Tirol Hall 01.jpg
Wappen at hall in tirol.png
位置
ハル・イン・チロルの位置の位置図
ハル・イン・チロルの位置
座標 : 北緯47度17分 東経11度30分 / 北緯47.283度 東経11.500度 / 47.283; 11.500
行政
オーストリアの旗 オーストリア
  (Bundesland) チロル州の旗 チロル州
 郡 (Bezirk) -
ハル・イン・チロル
地理
面積  
  域 5.54 km2
標高 574 m
人口
人口 (2011年1月現在)
  域 12,695人
    人口密度   2,074人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
市外局番 05223
ナンバープレート IL
公式ウェブサイト : http://www.hall-in-tirol.at

ハル・イン・チロル(Hall in Tirol)はオーストリアチロルの町である。インスブルックの東5kmの場所にあり、海抜は574mで2011年1月の人口は約 12,700人である。HalleまたはHallはケルト語の塩を示す言葉である。

1232年の文書に岩塩の採掘場として知られており、現在の名前も1256年まで遡ることができる。

町の北部のハル谷のAbsamでの岩塩の採掘が13世紀以来の町の周辺地域の主要な産業であった。チロル伯マインハルトの命令によって作られた10 kmのパイプラインでハルの蒸発池に導かれた。町の紋章は、塩の樽を抱える二匹のライオンがデザインされている。ハルで製造された塩はチロルやシュヴァルツヴァルト、ライン渓谷に出荷された。1303年に塩の販売の権利を与えられた町となり、イン川、ドナウ川をつかって、チロルの北部の主要市場に出荷された。1447年の火災で市街地のかなりの部分が罹災することにより、一時的に衰退したが、1447年に貨幣製造がメランからハルに移され、1486年に、高品位なターラー銀貨がハルで作られた。16世紀には自動化されたコイニングマシンが導入された。この機械のレプリカはハル貨幣博物館に展示されている。

15世紀、16世紀には、ハルはハプスブルク帝国の最も重要な町の一つであり、この期間に現在も残る旧市街の教会、修道院の多くが建設された。オーストリアの西部で最大の古い町並みとなっている。

ハプスブルク帝国の軍の駐屯地になり、駐屯地と大規模な貨物駅は、第二次世界大戦中に激しい爆撃を受けたが、旧市街は、ほぼ無傷で残った。1938年から1974年の間、町の名称は、Solbad Hallと呼ばれていたが、塩の採掘場が1967年に閉鎖された後、町の名前からSolbad が削除された。

姉妹都市[編集]

参照[編集]

  • 『ザルツブルクとチロル アルプスの山と街を歩く』、2013年、ダイヤモンド社

外部リンク[編集]