エリーザベト・アマーリエ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト・アマーリエ大公女、1898年

エリーザベト・アマーリエ・フォン・エスターライヒElisabeth Amalie von Österreich, 1878年7月7日 ライヒェナウ - 1960年3月13日 リヒテンシュタイン)は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇族。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の姪、帝位継承者フランツ・フェルディナント大公の異母妹、皇帝カール1世の叔母。リヒテンシュタイン侯フランツ・ヨーゼフ2世の母親。全名はエリーザベト・アマーリエ・オイゲーニア・マリア・テレジア・カロリーネ・ルイーゼ・ヨーゼファ(Elisabeth Amalie Eugenia Maria Theresia Karoline Luise Josepha von Österreich)。

フランツ・ヨーゼフ1世の弟カール・ルートヴィヒ大公と、その3番目の妻でポルトガルの廃王ミゲル1世の娘であるマリア・テレザの間の第二子、次女として生まれた。父にとっては3番目の娘であり、末娘である。

1903年4月20日にウィーンにおいて、リヒテンシュタイン侯子アロイスと結婚した。この結婚を身分不相応だとする声も上がったが、伯父のフランツ・ヨーゼフ皇帝は2人の結婚式に出席し、その席上でリヒテンシュタイン家が正統な統治者の家系であり、自分の姪の嫁ぎ先として相応しいと認めた。皇帝はエリーザベト・アマーリエの長男の洗礼の代父となり、自分の名前を与えた。

夫のアロイスは1923年、長男フランツ・ヨーゼフ2世のために自らのリヒテンシュタイン侯位継承権を放棄したため、エリーザベト・アマーリエはリヒテンシュタイン侯妃にはなれなかった。フランツ・ヨーゼフ2世は1938年、フランツ1世が死ぬとリヒテンシュタイン侯となった。

子女[編集]

  • フランツ・ヨーゼフ2世(1906年 - 1989年) - リヒテンシュタイン侯
  • マリー・テレーゼ(1908年 - 1973年) 
  • カール・アルフレート(1910年 - 1985年)
  • ゲオルク・ハルトマン(1911年 - 1988年) 
  • ウルリヒ(1913年 - 1978年)
  • マリー・ヘンリエッテ(1914年)
  • アロイス(1917年 - 1967年)
  • ハインリヒ(1920年)

参考文献[編集]

  • Beattie, David (2004). Liechtenstein: A Modern History. I. B. Tauris. ISBN 185043459X. 
  • Hilty Ubersetzungen, Schaan (2000). Principality of Liechtenstein: A Documentary Account. Vaduz: Press and Information Office. 
  • Radziwill, Catherine (1916). The Austrian Court From Within. London: Cassel and Company, LTD. ISBN 140219370X.