リヒテンシュタイン家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヒテンシュタイン家の紋章

リヒテンシュタイン家(リヒテンシュタインけ ドイツ語Haus Liechtenstein)は、ドイツ南部のバイエルン・シュヴァーベン地方ドナウヴェルトを発祥とするドイツ系貴族。その一族はオーストリア東部のウィーン州をはじめ、チェコボヘミア地方とモラヴィア地方、スロヴァキアハンガリールーマニア北部のトランシルヴァニア地方、スロヴェニアなどに分散している。

リヒテンシュタイン家の当主は代々「Fürst」(公爵または侯爵プリンスを参照)の称号を継ぐ。それとともに、神聖ローマ帝国期の領邦国家を引き継いだ小国家であるリヒテンシュタイン公国国家元首の地位をも継承する。

リヒテンシュタイン公国との関係[編集]

リヒテンシュタイン公国はきわめて小規模な国家だが、リヒテンシュタイン家が国外に持つ所有地は公国の何倍もの面積にもなる。リヒテンシュタイン家はこの財力を基礎として、18世紀以来文化・芸術の保護者としても活動している。またリヒテンシュタイン家は公国から歳費を支給されておらず、経済的に完全に自立している。リヒテンシュタイン家が私有する財産も公国とは無関係に、ハプスブルク家の重臣として蓄積されたものであり、むしろ公国がリヒテンシュタイン家に経済的に従属している観すらある。また、現在の君主ハンス・アダム2世はオーストリア国籍も有している。

歴史[編集]

リヒテンシュタイン家の名が初めて歴史上で使われたのは12世紀にドイツ系ボヘミア貴族のシュヴァルツェンベルク家のハインリヒがウィーン近郊にある城を築いたことを由来とする。

後にドナウヴェルトの地方貴族だったフーゴがリヒテンシュタイン城主であるシュヴァルツェンベルク家の娘ハデリヒと結婚して、相続してリヒテンシュタイン城の城主となり、その居城の名をとって家名としたのに始まっている。以来、リヒテンシュタイン家は諸侯の資格をもたない下級貴族ながらも、神聖ローマ帝国(ドイツ)の一部であったオーストリア地方北東部にあるドナウ川上流流域にあるニーダーエスターライヒの一部などの領主家として継続した。

14世紀からはオーストリアの領主となったハプスブルク家に仕えた。16世紀には3家に分家するが、長男のカールは1608年に侯爵(Fürst)の称号を与えられた。そして三十年戦争中の1623年に、戦争継続のために子飼いの貴族を諸侯に叙爵する勅書を乱発していた時の神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の手により帝国諸侯(Reichsfürst)に叙任された。

1699年、カールの孫ヨハン・アダム・アンドレアスは、オーストリアの西にあるシェレンベルク男爵領を購入してその領主となり、1712年には隣接するファドゥーツ伯領を購入、シェレンベルク男爵領にあわせて領有した。この2つの所領が現在のリヒテンシュタイン公国の前身である。ファドゥーツ伯領購入と同じ年、ヨハン・アダム・アンドレアスが死亡し、カールが帝国諸侯に昇進したときに一族の3分家の間で結ばれた契約に従って、カール1世の弟グンダカルの子孫がリヒテンシュタイン公の称号を継いだ。1719年アントン・フローリアンの時代に、リヒテンシュタイン家の所有する2つの隣接した所領は、皇帝によって神聖ローマ帝国に属する領邦国家、リヒテンシュタイン公国として認められて、当時のドイツに数多く存在していた領邦のひとつとなった。

リヒテンシュタイン家は領邦君主となった後もハプスブルク家を主君として仕え、18世紀末の当主ヨーハン1世はオーストリア軍の司令官に就任した。だが、1806年に神聖ローマ帝国が解散されると、他のドイツ領邦君主と同じように独立小国の君主になった。ウィーン会議後にはドイツ連邦に参加したが、オーストリアとスイスに挟まった位置のために1871年ドイツ帝国結成には参加することなく、そのまま独立国の君主として残ることになる。

この間も、一族は先祖から受け継いだ領土をハプスブルク帝国内の各地に広げ、領邦の外のプラハモラヴィアなどにも領土を持っており、主たる居宅もウィーンやモラヴィアにあった。だが、1919年チェコスロバキアの独立と、1945年のチェコの共産化やベネシュ布告によって多くの家産が失われてしまった。これに代わってリヒテンシュタイン家の財政を支えているのは、1921年に設立されたリヒテンシュタイン銀行である。

1938年にはフランツ・ヨーゼフ2世ファドゥーツ城に移り、ここが公家の居所に定められた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]