LGTリヒテンシュタイン銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LGT Bank in Liechtenstein, Head Office, Vaduz, Liechtenstein.

LGTリヒテンシュタイン銀行 (Liechtenstein Global Trust) は、リヒテンシュタインに本拠を置くプライベートバンクグループ。経営母体はリヒテンシュタイン侯爵家


歴史[編集]

  • 1920年 創立総会
  • 1921年 5月、行員10名で業務開始。政府庁舎の1階に事務所を借用
  • 1930年 リヒテンシュタイン侯爵家が株式の大多数を買収
  • 1970年 Prince of Liechtenstein Foundation英語版の設立, LGT Foundation の信託受益者として資本を譲受
  • 1982年 最初の海外業務拠点としてロンドンに駐在員事務所を設置
  • 1983年 チューリッヒにてBilfinanz und Verwaltung AGを設立
  • 1984年 ファドーツにてBIL Treuhand AGを設立
  • 1986年 リヒテンシュタインの銀行が国営になる
  • 1989年 ロンドンのGT Management PLCを買収
  • 1990年 ファドーツにてBIL GT Group AGを設立
  • 1996年 BIL GT Groupは改称して、Liechtenstein Global Trustになり、BiLはLGT Bank in Liechtenstein AGとなる
  • 1998年 資産管理部門の売却, LGT Group の再編、ハンス・アダム2世の弟フィリップ公子[1]が理事会会長に就任
  • 2003年 LGTグループはスイス生命からSchweizerische Treuhandgesellschaft STGを買収
  • 2005年 STG becomes LGT.
  • 2006年 ハンス・アダム2世の次男マクシミリアン公子が最高経営責任者に就任

格付け[編集]

レーティング: スタンダード&プアーズ / ムーディーズ

  • AA- / Aa3

拠点[編集]

参照[編集]

  1. ^ HSH Prince Philipp

外部リンク[編集]