アロイス・フォン・リヒテンシュタイン (1869-1955)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
侯子アロイス

アロイス・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタイン(Alois von und zu Liechtenstein, 1869年6月17日 - 1955年3月16日)は、リヒテンシュタインの王族。全名はアロイス・ゴンサーガ・マリア・アドルフAlois Gonzaga Maria Adolf)。リヒテンシュタイン侯子アルフレートの次男で、フランツ・ヨーゼフ2世の父。

1869年6月17日、リヒテンシュタイン侯ヨハン2世の従弟であるアルフレートと、その妃で同じくヨハン2世の姉であるヘンリエッテの間に第四子としてホレネック(現オーストリアシュタイアーマルク州ドイチュランツベルク郡)で生まれた。

アロイスは1923年2月26日、自身の侯位継承権を長男のフランツ・ヨーゼフに譲ることを宣言した。当時侯位に即いていたヨハン2世もその弟であるフランツも未婚で、アロイスは継承権第2位であった。

1955年3月16日、アロイスはファドゥーツで死去した。

子女[編集]

アロイスは1903年4月20日オーストリア大公カール・ルートヴィヒの末娘であるエリーザベト・アマーリエウィーンで結婚した。二人の間には以下の六男二女をもうけた。