アルフレート・フォン・リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレート・アロイス・エドゥアルト・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタインAlfred Aloys Eduard von und zu Liechtenstein, 1842年6月11日 プラハ - 1907年10月8日 フラウエンタール城)は、ドイツリヒテンシュタイン家の侯子。リヒテンシュタイン侯子フランツ・デ・パウラとその妻のユリア・ポトツカ伯爵夫人の間の長男。

リヒテンシュタイン侯アロイス2世は父方の伯父、オーストリア(ツィスライタニア)首相を務めたアルフレト・ユゼフ・ポトツキ伯爵は母方の伯父にあたる。1865年4月26日にウィーンにおいて、アロイス2世の娘で従妹にあたるヘンリエッテと結婚した。1903年、次男のアロイスがオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の姪エリーザベト・アマーリエ大公女と結婚した際に、金羊毛騎士団の騎士に列せられた。

妻ヘンリエッテとの間には、7男3女の10人の子女をもうけた。

  • フランツィスカ・マリア・ヨハンナ(1866年 - 1939年)
  • フランツ・デ・パウラ・マリア(1868年 - 1929年)
  • ユーリア(1868年)
  • アロイス・ゴンツァーガ・マリア・アドルフ(1869年 - 1955年)
  • マリア・テレジア・ユーリエ(1871年 - 1964年)
  • ヨハンネス・フランツ・アルフレート・マリア・カスパー・メルヒオール・バルタザール(1873年 - 1959年)
  • アルフレート・ロマン(1875年 - 1930年)
  • ハインリヒ・アロイス・マリア・ヨーゼフ(1877年 - 1915年)
  • カール・アロイス(1878年 - 1955年)
  • ゲオルク・ハルトマン・ヨーゼフ・マリア・マテウス(1880年 - 1931年)

外部リンク[編集]