フランツ・デ・パウラ・フォン・リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランツ・デ・パウラ・ヨアヒム・ヨーゼフ・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタインFranz de Paula Joachim Joseph von und zu Liechtenstein, 1802年2月25日 ウィーン - 1887年3月31日 ウィーン)は、ドイツリヒテンシュタイン家の侯子。リヒテンシュタイン侯ヨハン1世ヨーゼフとその妻のフュルステンベルク=ヴァイトラ伯爵夫人ヨーゼファの間の次男。アロイス2世の弟。

1841年6月3日にウィーンにおいて、ガリツィアの大領主アルフレト・ヴォイチェフ・ポトツキ伯爵の娘ユリア・ポトツカ伯爵夫人(1818年 - 1895年)と結婚した。ユリアはオーストリア(ツィスライタニア)首相を務めたアルフレト・ユゼフ・ポトツキ伯爵の妹である。ユリアとの間には4人の子女をもうけた。

外部リンク[編集]