アレクサンダー・フォン・バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンダー・フォン・バッハ
Alexander von Bach
Alexander von Bach.jpg
ヨーゼフ・クリーフーバーによるポートレイト (1849年)
生年月日 1813年1月4日
出生地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ロースドルフ
没年月日 1893年11月12日(80歳)
死没地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 シェーングラーバーン
前職 官僚

オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国内務大臣
内閣 フェリックス・シュヴァルツェンベルク (1849–1852)
カール・フォン・ブオル=シャウエンシュタイン (1852–1859)
任期 1849年7月28日 - 1859年8月22日

オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国法務大臣
内閣 フェリックス・シュヴァルツェンベルク
任期 1848年 - 1849年
テンプレートを表示

アレクサンダー・フォン・バッハ男爵ドイツ語: Alexander Freiherr von Bach1813年1月4日ロースドルフ - 1893年11月12日シェーングラーバーン)は、オーストリア帝国(現・オーストリア)の政治家。政治家としては、フランツ・ヨーゼフ1世統治時代初期に、中央集権的な政治システムを築き上げたことで知られる。

略歴[編集]

彼の父は、司法事務所を所有しており、アレクサンダーも24歳の時に法学博士を取得した。そして、オーストリア帝国官庁へ就職し、9年間、官僚として働いた。1848年法務大臣に就任し、1849年まで務めた。更に1849年から1959年までの約10年間、内務大臣を務めた。リベラル派の弁護士として知られた彼は、"バリケードの大臣"と呼ばれた。彼は、メッテルニヒ絶対的社会システムからの脱却を支持していたにもかかわらず、1848年革命での革命派の人々が望んだような社会システムに移行する準備は行っていなかった。彼は、徐々に保守主義へと接近し、1849年3月のフェリックス・シュヴァルツェンベルクの中央集権的な憲法案を支持した。これは、再燃するハンガリー人の感情とは遠いものであった[1][2]

1852年にシュヴァルツェンベルクが死去してからは、オーストリア帝国とハンガリー王国に大規模に政策の支持を行っている。バッハはオーストリア帝国の中央集権化を進めたが、報道の自由や公開裁判の廃止など反動政策も採用している。バッハは、専制主義を代表する人物となり、それは1855年に、カトリック教会に教育や家庭生活の管理権限を与えた頃に絶頂を極めた。

アドルフ・フィシュホフに、バッハ・システムと呼ばれたこの柱は、4つの"軍隊"であった。それらは、a standing army of soldiersa sitting army of office holdersa kneeling army of priestsa fawning army of sneaksである。刑務所は政治犯で埋め尽くされた。例えば、彼の在職中にチェコの民族主義ジャーナリストで作家のカレル・ハヴリーチェク・ボロフスキーは、強制的にブリクセン[注釈 1]へと、1851年から1855年の間追放されている。カレル・ハヴリーチェク・ボロフスキーは、この追放の間に健康を害してしまい、追放処分が終わって間もなく亡くなっている。この追放処分などで、バッハはチェコ人の間で憎悪の対象となり、その後のチェコ独立運動をより活発にさせることにつながった。

その一方で、経済的自由権1850年代に大幅に強化された。例えば、国内の関税は廃止されたり、農民は封建的な義務から解放されたりしている[2]

バッハは1854年バロンとなった。彼はまた1849年から1850年の間、科学アカデミー (Akademie der Wissenschaften) の後見人であった。

バッハは、1859年サルデーニャ王国ナポレオン3世に対するイタリアでの戦争における敗北を理由に辞任。その後1867年まで、聖座への大使として働いた。1893年11月12日、死去。80歳没。

注釈[編集]

  1. ^ ブリクセンはドイツ語名。現在はイタリア領でイタリア語名、ブレッサノーネ。現在のトレンティーノ=アルト・アディジェ州ボルツァーノ自治県に位置する街。

脚注[編集]

  1. ^ Rothenburg, G. The Army of Francis Joseph. West Lafayette: Purdue University Press, 1976. p 33.
  2. ^ a b Wikisource-logo.svg Bach, Alexander, Baron”. New International Encyclopedia. (1905). 

参考文献[編集]

  • Macho, Eva, Alexander Freiherr von Bach. Stationen einer umstrittenen Karriere (Frankfurt am Main u.a., Peter Lang, 2009) (Beiträge zur Neueren Geschichte Österreichs, 24).

外部リンク[編集]

先代:
フランツ・スタディン英語版
オーストリア帝国内務大臣
1849年 - 1859年
次代:
アゲノル・ロムアルト・ゴウホフスキ