カール・フォン・ブオル=シャウエンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブオル=シャウエンシュタインの肖像(ヨーゼフ・クリーフーバー画、1854年)

カール・フェルディナント・フォン・ブオル=シャウエンシュタイン伯爵(Karl Ferdinand Graf von Buol-Schauenstein、1797年5月17日1865年10月28日)は、オーストリア帝国政治家外交官1852年1859年外務大臣(首相に相当)を務めた。

来歴[編集]

グラウビュンデンの古い貴族の家系に、ウィーンで生まれる。初代ドイツ連邦議会議長であるヨハン・ルドルフ・ブオル=シャウエンシュタイン伯爵の息子である。父親と同様にオーストリア帝国の外交官の道を選び、カールスルーエダルムシュタットシュトゥットガルトトリノサンクトペテルブルクロンドンでオーストリア大使を務めた。

1852年から1859年まで外務大臣を務め、内閣を主宰した。クリミア戦争では優柔不断な態度を示してロシア帝国との関係を悪化させた。1859年にはサルデーニャ王国に突きつけた最後通牒が元で戦争になり、敗北した(第二次イタリア統一戦争)。そのため同年外相を辞任した。

同時代人による評価は概して低かった。ウィーンで死去。

先代:
フェリックス・シュヴァルツェンベルク
オーストリア帝国首相
1852年 - 1859年
次代:
ヨハン・フォン・レヒベルク