汎ヨーロッパ主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
欧州連合
欧州連合の旗
欧州連合の政治

  

汎ヨーロッパ主義または汎欧州主義英語: Pan-Europeanism)とは、欧州全体を一体的に捉え、1つに統合する、あるいは一体性を高めることを志向する思想のこと。

狭義には、リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーを嚆矢として1920年代から始まる、欧州統合活動を伴う思想を指す。

概要[編集]

古代ギリシャ古代ローマキリスト教の影響や、アジアアフリカオリエント)やイスラム教との対比などにより、欧州(ヨーロッパ、オキシデント)には、近代以前からこの地域を一体的に捉える発想が醸成されてきた。

典型的には、中世における十字軍にそれを見出すことができる[要検証 ]

しかし、中世末期から近代にかけて、カトリックと正教会、および宗教改革によるカトリックプロテスタントの対立や、細分化した民族主義合理主義理性主義)、唯物論社会主義等の台頭により、この地域は急速に共通の基盤を失い、分裂・対立していくことになった[要検証 ]

そのような情勢を背景として、地域の混乱を収拾すべく、リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーによって提起され、台頭してきたのが、近代における汎欧州主義であると言える。[誰によって?]アメリカ合衆国の台頭や、第二次世界大戦による戦火とその後の植民地の喪失による欧州の没落・疲弊などもあって、この考えは欧州内に広く浸透して行き、現在の欧州連合をはじめとする欧州統合活動全般を支える思想的基盤となっている。

条件[編集]

絶対的なものではないが、汎欧州主義の範疇を支える共通の条件としては、主に以下を挙げることができる。

これらが複合的かつ柔軟に組み合わされた範疇が、汎欧州主義の対象となる。

この内、人種に関しては、人種差別との関係や移民混血により、タブーであると同時に現実にあまり意味を成さないものになっている。

保守的な人々に最も拠り所とされる共通条件が、宗教(キリスト教)であり、それは時として、イスラム教との摩擦を引き起こしたりもする。

関連項目[編集]