ミハイ1世 (ルーマニア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミハイ1世
Mihai I
ルーマニア国王
Mihai.jpg
ミハイ1世
在位 1927年7月20日 - 1930年6月8日
1940年9月6日 - 1947年12月30日
全名 Mihai
ミハイ
出生 1921年10月25日(92歳)
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国シナヤ
配偶者 アナ・デ・ブルボン=パルマ
子女 マルガレータ
エレナ
イリナ
ソフィア
マリア
王家 ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家
王朝 ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン朝
父親 カロル2世
母親 エレナ・デ・グレチア・シ・ダネマルカ
宗教 キリスト教正教会
テンプレートを表示

ミハイ1世ルーマニア語: Mihai I, 1921年10月25日 - )は、ルーマニア王国国王(在位:1927年7月20日 - 1930年6月8日1940年9月6日 - 1947年12月30日)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

アルバ・ユリア訪問時のミハイ1世(2007年)

1921年にカロル2世ギリシャ国王コンスタンディノス1世の長女エレニ(エレナ)の長子として生まれる。

1回目の即位[編集]

1927年に祖父フェルディナンド1世が死去するが、本来ならばこの時に父カロルが王位を継承するはずであった。ところが父は愛人関係のもつれから王位継承権を放棄し、愛人とともに国外逃亡してしまった。そのため、わずか6歳のミハイが即位することになった。しかしその3年後、父のカロルが突如帰国してミハイ1世を退位させ、代わって自身が国王カロル2世として即位した。

2回目の即位[編集]

しかしカロル2世の親政は安定せず、カロルは1940年に元国防相のイオン・アントネスクの圧力によって退位に追い込まれて再び亡命、ミハイ1世が国王の座に返り咲くことになった。アントネスクは国家指導者(Conducător。総統とも訳される)に就任してルーマニアの独裁権を握った。

退位文書

1941年6月、独ソ戦が始まると、アントネスク支配下のルーマニアも枢軸国側に立って参戦した。しかしドイツが劣勢にまわるとともにアントネスク政権も動揺する。1944年8月23日、ミハイ1世は自ら宮廷クーデターを起こしてアントネスクを追放し、連合国側につくことを宣言。しかしソ連軍による占領を免れることはできず、ルーマニア軍兵士13万人が捕虜としてソ連に送られその多くが消息を絶つなどした。

退位[編集]

ミハイ1世は親共産党政府の任命を強要されたため、以降政府の上奏する裁可文書への署名を拒否する「国王のストライキ」で対抗したが、ソ連に加えて米英も政府に従うことを要求したため、政府への非協力を中止した。しかし1947年12月30日に、親共産党の陸軍部隊による包囲の中、銃口を突きつけられ退位文書に署名し、亡命に追い込まれた。その翌年の1948年ブルボン=パルマ家アンヌ・アントワネットと結婚した。

退位後[編集]

亡命当初は「ホーエンツォレルン公」の称号を名乗ったが、すぐに退位は強制であり無効であるとし、ルーマニア国王の称号を再び名乗る。その後反共政権下のスペインに渡り、イベリア航空のパイロットなどをしながら亡命生活を強いられたが、ルーマニア革命によるルーマニア社会主義共和国の崩壊後、1992年にようやく帰国が許され、1997年以降ルーマニアに在住している。

帰国後もルーマニア国王の称号は名乗り続け、ルーマニア政府に王政復古を要請している。王国時代の憲法によると、国王の子に男子がいない場合はホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家の男子が王位を継承することとされていたが、王女のみがいるミハイ1世は2007年の退位60年の節目にルーマニア王位の女子継承を可能とする「ルーマニア王家基本家憲」に署名した。これらの動きはルーマニア政府には黙殺されている。

ただし1997年以降のルーマニア政府との関係は悪くはなく、ルーマニアのNATO加盟やEU加盟のための対外交渉を支援しており、その際に接受国では公賓に準じる待遇をしている。90歳の誕生日となる2011年10月25日、退位後初めてルーマニア議会での演説を行った。この演説において、「国家としての誇りの回復」と「民主主義の強化」を呼び掛け多くの議員からスタンディングオべーションを受けたが、バセスク大統領や一部閣僚は記念式典を欠席した[1]。2012年1月の世論調査では、過去のルーマニア政治指導者のなかで最も信頼できる公人として選出された[2]。 その後、彼の91回の誕生日を祝う2012年10月に、首都ブカレストの広場は彼にちなんで改名された[3]。2013年7月における調査では、対象となったルーマニア人の45%が、ミハイ1世に対して「良い」もしくは「非常に良い」感情を持っていた[4]

家族[編集]

1947年に、イギリス王女エリザベス(のちのエリザベス女王)とエディンバラ公フィリップとの結婚式で、ブルボン=パルマ家アンヌ・アントワネットと出会い、翌1948年に結婚し、5女を儲けた。

  1. マルガレータ1949年 - )
  2. エレナ(1950年 - )
  3. イリナ(1953年 - )2013年8月、亡命先のアメリカで闘鶏賭博容疑で、夫婦そろって逮捕された。
  4. ソフィア(1957年 - )
  5. マリア(1964年 - )

ルーマニアの王家継承法において、女子には王位継承権が与えられていなかった。ミハイ1世には兄弟もいないため、ルーマニアの王位請求権は、最も近親の男子である又従弟のフリードリヒ・ヴィルヘルムに移ることになっていた。しかしミハイの退位60周年となる2007年12月30日、ミハイ1世は家憲を定め、長女マルガレータを王位継承者とし「ルーマニア王太女(Principesa Moștenitoare a României)」を名乗っている。マルガレータと夫ラドゥ・ドゥダには子供が無いため、次女エレナの長男ニコラス・メドフォース=ミルズ(Nicholas Medforth-Mills, 1985年 - )が次世代の後継者になると考えられている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『NNA.EU』の中東欧記事『元ルーマニア国王ミハイ1世、初の議会演説[社会]』より
  2. ^ Romanians Have the Highest Confidence in King Mihai I. Retrieved 31 July 2012.
  3. ^ Bucharest square to be named after Romania's King Michael on his 91st birthday. Retrieved 25 October 2012.
  4. ^ 41% dintre romani ar vota pentru mentinerea republicii, 27,2% ar alege monarhia – INSCOP. Retrieved 2 August 2013.

関連項目[編集]

先代:
フェルディナンド1世
ルーマニア国王
1927年 - 1930年
次代:
カロル2世
先代:
カロル2世
ルーマニア国王
1940年 - 1947年
次代:
(王制廃止)