マリア (ルーマニア王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア
Maria a României
サクス=コバーグ=ゴータ家
Queen Mary of Romania 2.jpg
称号 ルーマニア王妃
全名 Marie Alexandra Victoria
マリー・アレクサンドラ・ヴィクトリア
出生 1875年10月29日
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドケント州
死去 1938年7月18日(満62歳没)
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国シナヤ
配偶者 フェルディナンド1世
子女 カロル2世
エリサベータ
マリア
ニコラエ
イレアナ
ミルチャ
父親 エディンバラ公アルフレッド
母親 マリア・アレクサンドロヴナ
テンプレートを表示
マリア王太后を記念したメダル

マリア・ア・ロムニエイMaria a României, 1875年10月29日 - 1938年7月18日)は、ルーマニアフェルディナンド1世の王妃。英語マリー・オブ・エディンバラMarie Alexandra Victoria of Edinburgh)。

幼年期[編集]

エディンバラ公アルフレッド(ヴィクトリア女王の次男。のちザクセン=コーブルク=ゴータ公アルフレート)とその妃であるロシア皇女マリアの長女として、ケント州で生まれた。妹にヴィクトリア・メリタベアトリスらがいる。

若い頃、マリーはヨーロッパの王族と政略結婚させるものと考えられていた。彼女は従兄ジョージ・オブ・ウェールズ(のちのジョージ5世)と相思相愛で、結婚の申し込みも承諾していた。マリーの父とジョージの父アルバート・エドワード王太子(のちのエドワード7世)はどちらもこの結婚を歓迎していた。しかし、マリーの母マリアはイギリス王室をひどく軽蔑しきっていたため、ジョージとの結婚は成立せず、イギリス国外の王家との縁組みが考えられた。

結婚[編集]

1893年、父アルフレッドがザクセン=コーブルク=ゴータ公となる数ヶ月前、マリーはルーマニア王太子フェルディナンド(ルーマニア王カロル1世の甥)と結婚した。マリーとフェルディナンドには3男3女が生まれたが、結婚生活は不幸だった。マリーと長年文通した腹心の友、アメリカ人舞踏家ロイエ・フラーは、「大嫌いな男。嫌悪感がつのる」とマリーが夫について触れていたことをのちに暴露している。長男カロルと長女エリザベータの父親は間違いなくフェルディナンドであろうが、マリア王女とニコラ王子の父親は不明で、ロシア大公ボリス・ウラジーミロヴィチ[1]の名が挙げられている。三女イレアナと三男ミルチャは、マリーが長年の愛人だったバルブ・シュティルベイ[2]と出会ってから生まれている。歴史家はイレアナ王女の正統性は疑問だとし、ミルチャ王子は愛人の子としている(両親とも青い目の持ち主だったが、ミルチャは茶色の目だった)。

1914年、カロルの死によりフェルディナンドとともに王・王妃となったが、第一次世界大戦のため戴冠は1922年まで待たねばならなかった。マリアは熱烈なルーマニア愛国主義者となり、意志が弱くて周囲に流されやすい夫の代わりにルーマニアを統治した、とまで言われた。戦争中は赤十字社にボランティアで加わり、負傷者の看護をした。1917年、国土の半分はドイツ軍により踏みにじられ、マリアと軍の助言者グループは、ロシアに与するよりもルーマニア軍は独立してドイツ・ロシアの両方と戦うべきだという選択をした。これには、アメリカから資金援助が得られた。

戦後、ヴェルサイユ講和会議で、ルーマニアはルーマニア語を話す住民のいる地域を統合する「大ルーマニア」実現のため、国際的なルーマニアの顔としてマリアをフランスへ送り込んだ。「戦士女王」の登場を国際メディアは熱狂的に迎え、その結果ルーマニアは戦前よりも国土を4割も増やすことに成功した。トランシルヴァニアブコヴィナの一部に等しいベッサラビア、及びヴォイヴォディナである。

息子との確執[編集]

フェルディナンドとマリアの長男カロル(後のカロル2世)は、父親と生涯を通じて断絶状態にあった。マリアとカロルは深い親子の結びつきを保っていたが、これものちにマリアが愛人シュティアベイ公との関係を続けていることを知ったことから、悪化した。マリアは、カロルが自身で花嫁を選ぶより、母親の自分がふさわしい女性を外国王家から見つけたいと考えていた。ところがカロルはパリで、母の友人ロイエ・フラーに愛人マグダ・ルペスクと親密にしているところを見られてしまった。2人は、フラーとマリアの友人関係に気づいていなかった。フラーはすぐさまマリアにこのことを知らせたが、カロルとマグダを引き離すのに失敗した。王位についたカロルは母の忠告を退け、断絶は決定的となった。

1927年の夫の死後、ルーマニアに残ったマリアは著作と回顧録を執筆した。彼女は1938年に亡くなり、クルテア・デ・アルジェシュ僧院(16世紀建立、アルジェシュ地方)夫の隣に葬られた。マリアの遺志により、彼女の心臓はバルチクバルチク宮殿(マリアが建設させた)の納骨堂に納められた。1940年、バルチック宮殿と南ドブロジャの残りがクラヨーヴァ条約によりブルガリアに返還されると、王妃の心臓はブラン城に移送された。

晩年にバハーイー教に改宗していたことが明らかにされた。

文筆[編集]

1917年にマリアが書いた絵本 Povestea neastâmpăratei Kildeen(英語:The Story of Naughty Kildeen、英版発行は1922年)が、日本では『わし姫物語』として出版されていたが60年以上絶版となっていた。2008年8月、『わしといたずらキルディーン』(著者名はマリー女王となっている。ISBN 9784861101533、春風社)のタイトルで改訳されて発行された[3]

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロシア大公ウラジーミル・アレクサンドロヴィチマリア・パヴロヴナの三男で母方の従弟。プレイボーイで有名だった。
  2. ^ 19世紀中頃にワラキア公となったバルブ・ディミトリエ・シュティルベイ英語版の孫で、ワラキア王子の称号を保有していた。1927年にルーマニアの首相を務め、また1944年、ルーマニアと連合国との休戦協定の際、特命全権大使としてモスクワに赴き、条約に署名した一人である。
  3. ^ わし姫物語新訳に 皇后さまも「よいご本」 - 2008年12月16日/北海道新聞