大ルーマニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大ルーマニアルーマニア語:România Mare)は一般には第一次世界大戦第二次世界大戦の戦間期におけるルーマニアの領土範囲を示す用語で、このときルーマニアの領土は歴史上最大となった(295,649平方キロメートル)。

名前と意味[編集]

この用語のルーマニア語での呼称は「România Mare」である。この名称は第一次世界大戦以降、ルーマニア王国の領土が、ルーマニア人が多数派を占める全ての領域を包含するようになったことを表し、かつてトランシルヴァニアベッサラビアブコビナがルーマニアの領土に含まれていなかったことと対比される。これと同様の用語で「România Întregită」というものもあり、概ね「再統合されたルーマニア」という意味である。大ルーマニアはルーマニアの本来あるべき領土と見なされ、Tom Gallagherによると「ルーマニア民族主義の聖杯」[1]とされた。

ウィーン裁定独ソ不可侵条約(モロトフ=リッベントロップ協定)によってルーマニアの領土であったトランシルヴァニア北部がハンガリー領となり、ベッサラビアおよび北ブコヴィナがソビエト連邦に占領された1940年以降、この用語は失地回復や民族統一主義の色彩を帯びるようになっていった。

現在、この用語はもっぱら民族主義的な意味合いで使用されるようになった。政治の世界の用語として、特に大ルーマニア党を意識してこの用語が持ち出されるとき、それは民族統一主義としての大ルーマニア主義を意味し、おおよその場合、第二次世界大戦によってソビエト連邦に奪われ、その後モルドバおよびウクライナ領となっているベッサラビアおよびブコビナ地方への関心を示すものである。

歴史[編集]

1930年の大ルーマニアの地方行政区分の地図

1918年第一次世界大戦の終戦とともに、トランシルバニアとブコビナ、ベッサラビアがルーマニア王国に統合され、大ルーマニアが誕生した。

ベッサラビアおよびブコビナの統合[編集]

ブコビナにおいては、ルーマニア軍による占領後[2][3]、議会によってルーマニアへの統合が可決された。ルーマニア人、ドイツ人、ポーランド人、ユダヤ人の議員は賛成したものの、ウクライナ人(当時の人口の38%を占める)の議員は反対した[4]。ベッサラビアでは、1917年に新設された「国家議会」(Sfatul Ţării)によってその独立が宣言されたが、1918年1月には解体され秩序の乱れたロシア軍の退却に見舞われた。ルーマニア軍は、ロシア革命を押し広げていたボリシェヴィキからベッサラビアを守るために同地を占領した[5][6][7]1918年1月24日日にロシアからの独立を宣言した後、ルーマニア人が優位を握っていた「国家議会」は1918年4月9日にルーマニアへの統合を諮り、148人の議員のうち賛成86、反対3、棄権36(多くは少数民族で、当時の人口の約半数を占めた[8])、欠席13により決議された。

トランシルヴァニアおよびバナートの統合[編集]

残された最後の未回収の領域であったトランシルバニアは、1918年12月アルバ・ユリアのルーマニア系議員による「統合宣言」によりルーマニアに加わり、1箇月後には同市のサクソン系議員による投票でも支持された。トランシルバニアで人口のおよそ32%を占めるハンガリー語話者の住民(ハンガリー人に加えて多くのハンガリー語話者のユダヤ人コミュニティを含む)、およびバナト(バーナート)のドイツ系住民は、自分たちを代表する政府はハンガリーブダペストの政府であるという認識を持ち、オーストリア=ハンガリー帝国の崩壊時に自民族の議員を選出しなかった。

戦間期[編集]

トランシルヴァニアのマラムレシュMaramureş)、クリシャナCrişana)、バナトBanat)の統合は、1920年に批准したトリアノン条約によってルーマニアのこれらの領土への主権が承認され、独立国となったハンガリーとルーマニアとの新しい国境線が決定された。ブコヴィナとベッサラビアのルーマニアへの統合は1920年のヴェルサイユ条約によって承認された。この少し前の1913年にはルーマニアはさらに、第二次バルカン戦争の結果として、ブルガリアから南ドブロジャCadrilater)を獲得している。

ルーマニアは1918年から1940年までこの領土を維持した。しかしこの1940年にはベッサラビアと北ブコビナはモロトフ=リッベントロップ協定によってソビエト連邦に奪われ、ウィーン裁定によって北トランシルヴァニアはハンガリーに割譲させられ、さらにクラヨヴァ協定英語版ブルガリア語版ルーマニア語版によって南ドブロジャはブルガリア領とされてしまった。1941年6月の独ソ戦ではルーマニアは枢軸国としてソビエト連邦へ侵攻、ベッサラビアの支配権を回復し、さらにソビエト連邦領内へと攻め込んだものの、独ソ戦後半の枢軸国の敗退によってこれらを最終的に獲得することはできなかった。

終戦後、ルーマニアはハンガリーに割譲した北トランシルヴァニアを再び獲得することはできたものの、その他のブルガリアおよびソビエト連邦に割譲した領土を回復することはできなかった。そして1948年の協定では、ソビエト連邦とソ連占領下で共産主義体制のルーマニアとの間で、更にドナウ・デルタおよび黒海にある4つの無人島(Snake Islandなど)をソビエト連邦に割譲することとなった。

参考文献[編集]

  • Leustean, Lucian N. (September 2007). “"For the Glory of Romanians": Orthodoxy and Nationalism in Greater Romania, 1918-1945”. Nationalities Papers 35 (4): 717-742. 

脚注[編集]

  1. ^ Gallagher, Tom (2005). Modern Romania: the end of communism, the failure of democratic reform, and the theft of a nation. New York: New York University Press. pp. p. 28. ISBN 0-8147-3172-4. 
  2. ^ Volodymyr Kubijovyč, Arkadii Zhukovsky, Bukovyna, in Encyclopedia of Ukraine, Canadian Institute of Ukrainian Studies, 2001
  3. ^ Sherman David Spector, Rumania at the Paris Peace Conference: A Study of the Diplomacy of Ioan I. C. Brătianu, Bookman Associates, 1962, p. 70
  4. ^ Donald Peckham, Christina Bratt Paulston, Linguistic Minorities in Central and Eastern Europe, Multilingual Matters, 1998, p. 190
  5. ^ Ray Egerton Henderson Mellor, Eastern Europe: A Geography of the Comecon Countries, Macmillan, 1975, p. 79
  6. ^ William Aylott Orton, Twenty Years' Armistice, 1918-1938,Farrar & Rinehart, 1939, p. 41
  7. ^ Volodymyr Kubiĭovych, Ukraine: A Concise Encyclopaedia, University of Toronto Press, 1963, p.756
  8. ^ Results of the 1897 Russian Census at demoscope.ru

外部リンク[編集]

関連項目[編集]