アントン・フォン・エスターライヒ=トスカーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントン大公と妻イレアナ王女、二人の結婚式当日

アントン・フォン・エスターライヒ=トスカーナドイツ語:Anton von Österreich-Toskana, 1901年3月20日 ウィーン - 1987年10月22日 ザルツブルク)は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇族。全名はアントン・マリア・フランツ・レオポルト・ブランカ・カール・ヨーゼフ・イグナツ・ラファエル・ミヒャエル・マルガレータ・ニケタス(Anton Maria Franz Leopold Blanka Karl Joseph Ignaz Raphael Michael Margareta Nicetas)。オーストリアでは1919年よりアントン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Anton Habsburg-Lothringen)と名乗った。

生涯[編集]

ハプスブルク=トスカーナ家の一員であるレオポルト・ザルヴァトール大公と、その妻でスペイン王女の称号を持つブランカ・デ・ボルボンの間の第七子、三男として生まれた。母方の祖父はスペインのカルリスタ王位請求者にしてフランスのレジティミスト王位請求者、マドリード公カルロス・マリアであった。

アントンはオーストリア=ハンガリー二重帝国の崩壊と第一次世界大戦の終結まで、両親と一緒にニーダーエスターライヒ州フロースドルフで暮らしていたが、やがて元皇族に対する強制的な国外退去命令が父に下ったために国外に避難した。アントンは両親と一緒にスイス、ドイツ、フランスなどで亡命生活を送った。

1931年7月26日、アントンはルーマニア王国シナヤにあるペレシュ城において、ルーマニア王フェルディナンド1世ザクセン=コーブルク=ゴータ家出身の王妃マリアの末娘イレアナと結婚した。2人の結婚後、イレアナの兄のルーマニア王カロル2世は、ルーマニア人は王女とハプスブルク家の人間との結婚を歓迎しないという政治的な理由を盾に、アントン夫妻にルーマニア国外で暮らすように命じた。このためアントンとイレアナは最初はミュンヘンウィーン近郊のメードリンク、そして後にはオーストリアのゾンネベルク城に落ち着いた。夫妻は6人の子供をもうけた。

第二次世界大戦中、アントンは1944年末までドイツ国防軍の空軍パイロットとして従軍し、除隊後は家族と一緒にルーマニアのブラン城に住んだ。1944年8月23日に起きたクーデターによってドイツとルーマニアの協定が破棄されると、ドイツ国民であるアントン夫妻とその子供および従者たちは抑留ないし国外退去を迫られてもおかしくない状態になり、危険にさらされた。1947年12月30日、ルーマニア王ミハイ1世が廃位・追放されると、アントン一家も国外に脱出した。一家はスイスアルゼンチンを転々とし、1950年代初めにはアメリカ合衆国で暮らした。1954年にアントンはイレアナと離婚してオーストリアに帰国し、死ぬまで祖国で暮らした。アントンは1953年に末弟のカール・ピウスが死ぬと、カール・ピウスの後を継いで一時はハプスブルク系カルリスタ王位請求者となり、「カルロス9世」を称したが、1961年にはその地位をもう一人の弟フランツ・ヨーゼフに譲っている。

2006年5月26日、ルーマニア文化相アドリアン・イオルグレスクは、アントンの次男ドミニクにブラン城を正式に返還した。

子女[編集]

妻イレアナとのあいだに二男四女をもうけた。

  • シュテファン(1932年 - 1998年)1954年、Mary Jerrine Soperと結婚。
  • マリア=イレアナ ″ミノラ″(1933年 - 1959年)1957年、コトゥリンスキー伯爵ヤロスラフと結婚。1959年に夫とともに飛行機事故死した。
  • アレクサンドラ ″サンディ″(1935年 - )1962年にヴュルテンベルク公オイゲン・エーバーハルト(ブルガリア王女ナデジダの息子)と結婚し1972年に離婚、1973年にバイロー男爵ヴィクトルと再婚。
  • ドミニク ″ニキ″(1937年 - )建築家、1960年にEngel de Vossと結婚。現在のハプスブルク系カルリスタ王位請求者。
  • マリア・マグダレーナ ″マギ″(1939年 - )1959年、ホルツハウゼン男爵ハンスと結婚
  • エリーザベタ ″ヘルツィ″(1942年 - )1964年、Friedrich Sandhoferと結婚

アントンとイレアナの子孫たちはイギリス王位継承順位において100位台前半の位置にあるが、ほとんどがカトリック教徒であるため継承順位から外れている。

先代:
カルロス8世
カルリスタ王位請求者(ハプスブルク系)
1953年 - 1961年
次代:
フランシスコ・ホセ1世