アレクサンドロス1世 (ギリシャ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドロス1世
Αλέξανδρος Α΄
ギリシャ国王
Alexander I of Greece.jpg
アレクサンドロス1世
在位 1917年6月11日 - 1920年10月25日
全名 Αλέξανδρος
アレクサンドロス
出生 1893年8月1日
ギリシャの旗 ギリシャ王国アテネ
死去 1920年10月25日(満27歳没)
ギリシャの旗 ギリシャ王国アテネ
埋葬 1920年10月29日
ギリシャの旗 ギリシャ王国アッティカタトイ宮殿
配偶者 アスパシア・マノス
子女 アレクサンドラ
王家 グリクシンブルグ家
父親 コンスタンディノス1世
母親 ソフィア・ティス・プロシアス
宗教 キリスト教正教会
テンプレートを表示

アレクサンドロス1世ギリシャ語: Αλέξανδρος Α΄, ラテン文字転写: Aleksandros I1893年8月1日 - 1920年10月25日)は、ギリシャ国王(在位:1917年6月11日 - 1920年10月25日)。

生涯[編集]

ギリシャ皇太子コンスタンディノスとその妻ドイツ皇女・プロイセン王女ゾフィーの次男として、アテネ郊外の夏の離宮タトイ宮殿で生まれた。父方の祖父母はギリシャ国王ゲオルギオス1世と王妃オリガ・コンスタンティノヴナ、母方の祖父母はドイツ皇帝フリードリヒ3世と皇后ヴィクトリア。幼少期、彼は両親とともに、祖母ヴィクトリアが住むクロンベルク城(Schloss Friedrichshof)を何度も訪れており、特に可愛がられた。すぐ下の妹エレナ(のちのルーマニア王ミハイ1世の母后)とは特に親しく、対して真面目で思慮深い兄ゲオルギオスと悪戯好きで社交的なアレクサンドロスは共通点を持たず、疎遠だった。

1917年第一次世界大戦への参戦を巡って、国王コンスタンディノス1世とヴェニゼロス首相の意見が対立した。協商国側での参戦を求めるヴェニゼロスは、フランスイギリス両国の軍隊が北部のテッサロニキに上陸したのを機に政権を樹立し、アテネ政府と対立した。1917年にコンスタンディノス1世は王太子ゲオルギオスとギリシャを離れて亡命した。代わってアレクサンドロスが国王に擁立されたが、政治的実権は与えられなかった。

1919年11月4日、アレクサンドロスは平民の娘アスパシア・マノス結婚、駆け落ちするというスキャンダルが巻き起こった。イギリス国王ジョージ5世の娘メアリーとの結婚を望んでいたヴェニゼロスは激怒したが、2人はパリへと向かい、結婚が合法と見なされるまでギリシャへは戻らなかった。

1920年10月2日、ペットのに噛まれて破傷風にかかり、10月25日にアテネで死亡した。王位には父コンスタンディノス1世が復位した。

家族[編集]

死後に唯一の子アレクサンドラが誕生した。アレクサンドラは後にユーゴスラビア国王ペータル2世と結婚した。

関連項目[編集]

先代:
コンスタンディノス1世
ギリシャ国王
1917年 - 1920年
次代:
コンスタンディノス1世(復位)