ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーゼ王妃

ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセルLuise Wilhelmine Friederike Caroline Auguste Julie von Hessen-Kassel, 1817年9月7日 - 1898年9月29日)は、デンマーク国王クリスチャン9世の王妃。

ヘッセン=カッセル家出身で、父はヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯ヴィルヘルム、母ルイーセ・シャロデはデンマーク王クリスチャン8世の妹であった。弟フリードリヒ・ヴィルヘルムはヘッセン=カッセル家の家長となった。

1842年にデンマーク王家であるオルデンブルク家の分家に属するグリュックスブルク公子クリスチャンと結婚した。クリスチャンの母ルイーセ・カロリーネは、父がヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ2世の三男カール、母がデンマーク王フレデリク5世の娘ルイーセであり、ルイーゼの父母のどちらにとっても従姉妹であった。つまり、ルイーゼにとってクリスチャンは父方でも母方でも又従弟に当たった。

ルイーゼの母方の従兄であるフレゼリク7世が後継ぎを儲けることなく崩御すると、夫が自身と妻ルイーゼの血筋によって王位継承者に選ばれ、デンマーク国王クリスチャン9世として即位した。

子女[編集]