ジレンマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジレンマディレンマ (ギリシャ語:δί-λημμα、英dilemma) とは、

  • ある問題に対して2つの選択肢が存在し、そのどちらを選んでも何らかの不利益があり、態度を決めかねる状態。
  • 哲学・論争などの分野では前提を受け入れると2つの選択肢の導く結論がともに受け入れがたいものになることを示し、議論の相手を困らせる論法。日本語では「両刀論法」[1]ともいう。

上記のいずれかを指す。

概説[編集]

ひとつめの用法について解説すると、ギリシャ語ラテン語においては元々「δί-λημμα」「di-lemma」とは「2つの仮定(前提)」といった意味の表現であり、それらがもたらす障害問題を意味し、「進退両難」や「板ばさみ」という訳語が用いられることがあり、つまり「二方向のどちらも行けない」、「二方からの相容れない要求によって身動きが取れない」といった表現[2]で言いあらわされるような状態のこと。「抜き差しならない羽目」[3]といった翻訳がされることもある。こうしてディレンマはやがて「窮地」[4]という意味にも使われるようになった。

2つの選択肢がともに受け入れがたいことを比喩的に表現して「ジレンマの角(つの)」ということがある(角は2つで、とがっていて不愉快なことから)。

論理学では「A または B である」「A ならば C である」「B ならば C である」という仮定から「C である」という結論を導くことをジレンマと呼ぶ。

選択肢が3つある場合にはトリレンマ(trilemma)と呼ぶ。

[編集]

ジレンマ[編集]

トリレンマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ EXCEED英和辞典。
  2. ^ EXCEED英和辞典・広辞苑
  3. ^ 広辞苑。
  4. ^ EXCEED英和辞典

関連項目[編集]