セザール・ド・ブルボン (ヴァンドーム公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァンドーム公セザール

セザール・ド・ブルボン=ヴァンドームCésar de Bourbon-Vendôme, 1594年6月3日 - 1665年10月22日)は、ブルボン朝フランスの貴族。

アンリ4世と愛妾ガブリエル・デストレの長男として、クーシー城で誕生した。1595年に認知され、1598年にヴァンドーム公位を授けられた。1599年に母ガブリエルが急死すると、母からボーフォール公位とエタンプ公位を継承した。

1608年7月16日、フォンテーヌブロー宮殿で、富裕で知られたメルクール及びパンティエーヴル公家相続人のフランソワーズと結婚。3子をもうけた。

  • ルイ2世(1612年 - 1669年) - ヴァンドーム公
  • フランソワ(1616年 - 1669年) - ボーフォール公
  • エリザベート(1614年 - 1664年) - ヌムール公シャルル・アメデ妃

セザールは、人生の多くを継母で父の正妻マリー・ド・メディシスと異母弟ルイ13世との政争に費やした。リシュリューの失脚を狙うシャレー伯アンリ・ド・タレイラン=ペリゴールの陰謀に加担したとみなされ、実弟アレクサンドル(シュヴァリエ・ド・ヴァンドーム)と共に1626年、ヴァンセンヌ城に幽閉された。4年後の1630年に釈放されるとオランダへ亡命した。

1632年にフランスへ戻り、次男のフランソワと共にリシュリューの後を継いだジュール・マザランに対する陰謀を企てた。が、再び亡命を図りイングランドへ逃亡し、1642年までイングランドに留まった。マザランの姪にあたるロール・マンチーニマンチーニ姉妹の長女)と長男ルイが結婚したことでマザランとの和解がなされ、フロンドの乱の際には王太后アンヌ・ドートリッシュを支えた。1651年に提督となった。1665年の死後、ルイがヴァンドーム公位を、フランソワがボーフォール公位をそれぞれ継いだ。

セザールの屋敷があった場所は後に買収され、ヴァンドーム広場として整備された。