ニコラ2世 (ロレーヌ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラ2世
COA Cardinal de Lorraine.svg

ニコラ2世フランソワ(Nicholas II François, 1612年12月12日 - 1670年1月25日)は、ロレーヌ(在位:1634年 - 1661年)。ドイツ語名ではニコラウス2世(Nikolaus II.)。フランソワ2世の子。シャルル4世の弟。

公位を継げる見込みがなかったので、聖職者として生涯を送る予定であった。1619年に幼くしてトゥール助祭になり、1624年には司教になったが、実際に聖職に就いたわけではなかった。1622年から1629年までポンタ=ムッソンの大学で哲学神学を学び、1629年にナンシーへ戻った。枢機卿に昇進した後、2人のイエズス会の司祭から個人教授を受けた。

ニコラはいくつかの修道院の名目上の修道院長になり、また兄シャルルやフランス王ルイ13世によって、いくつかの大使館へ送られた。ニコラが枢機卿になったのは1626年であるが、翌1627年まで公表されなかった。また、彼は赤い角帽をかぶったり助祭を迎えたりはしなかった。

1634年、ニコラは兄シャルルに圧力をかけて退位させ、自らロレーヌ公位に就いた。さらに、枢機卿を辞して伯父アンリ2世の次女クロードと結婚した(クロードの姉ニコルはシャルルと結婚していた)。

妃クロードとの間には5人の子が生まれたが、成人したのは2人である。

  • フェルディナン・フィリップ(1639年 - 1659年)
  • シャルル5世(1643年 - 1690年) ロレーヌ公

1661年、ニコラは自ら退位して、兄シャルルに公位を返した。

先代:
シャルル(カール)4世
ロレーヌ(ロートリンゲン)公
バル公
1634年 - 1661年
次代:
シャルル(カール)4世