フランソワーズ・ド・ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
晩年のヴァンドーム公爵夫人フランソワーズ

フランソワーズ・ド・ロレーヌFrançoise de Lorraine, 1592年11月 - 1669年9月8日パリ)は、フランスのメルクール公爵家の女子相続人。メルクール女公およびパンティエーヴル女公(在位:1602年 - 1669年)。フランス王アンリ4世の庶長子であるヴァンドーム公セザールの妻。

生涯[編集]

ロレーヌ公爵家の流れをくむメルクール公フィリップ=エマニュエルと、パンティエーヴル公爵家の女子相続人マリー・ド・リュクサンブールの間の長女として生まれた。父方の伯母ルイーズはフランス王アンリ3世の妃である。両親にとって唯一成育した子供であり、フランスで最も裕福な女子相続人の1人だった。

ユグノー戦争末期、ブルターニュ地方の知事だった父フィリップ=エマニュエルは、敵対していたナバラ王がアンリ4世としてフランス王位に就くと、スペインの支援を得てナントに独立政権を樹立し、ブルターニュ公国を再建しようとした。妻マリーがブルターニュ公爵位請求者だったことも、その野心を後押しした。フィリップ=エマニュエルは1598年3月にアンリ4世に降伏したが、同年5月にフランス、スペインの間で結ばれたヴェルヴァン条約では、6歳のフランソワーズと、アンリ4世が愛妾のガブリエル・デストレとの間にもうけた非嫡出子で4歳のセザールとの婚約が明記されていた。

フランソワーズは1602年に父を亡くし、メルクール公爵位およびパンティエーヴル公爵位を継承した。1609年7月19日にセザールとの結婚式が執り行われ、婚姻契約によりフランソワーズの領地の管理権はセザールに移った。1669年、パリにおいて77歳で亡くなった。

子女[編集]

  • ルイ2世(1612年 - 1669年) - ヴァンドーム公爵、メルクール公爵、パンティエーヴル公爵
  • エリザベート(1614年 - 1664年) - 1643年、ヌムール公シャルル・アメデと結婚
  • フランソワ(1616年 - 1669年) - ボーフォール公爵