ロベール1世 (フランドル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリース人伯ロベール

ロベール1世フランス語Robert Ier, 1031年頃 - 1093年10月)は、フランドル伯(在位:1071年 - 1093年)。「フリース人伯(le Frison)」と呼ばれる。フランドル伯ボードゥアン5世とその妻であったフランスロベール2世の王女アデル・ド・フランスの次男。

ロベールはフランドルの北の国境を安全にするため、ホラント伯フロリス1世の未亡人ゲルトルート(ザクセンベルンハルト2世の公女)と結婚した。その後、1070年に甥のアルヌルフ3世が戦死したのを受けて伯位を嗣いだ。

ゲルトルートとの間には、ロベール(後のフランドル伯ロベール2世)、アデル(はじめデンマーククヌーズ4世妃、のちプッリャルッジェーロ・ボルサ妃)、ジェルトリュード(ロレーヌ公ティエリー2世妃)らをもうけた。

先代:
アルヌルフ3世
フランドル伯
1071 - 1093
次代:
ロベール2世